ボートコラム

フナゾウの一般 マギアレコード杯優勝予想!|ボートレース若松

一般マギアレコード杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース若松で11月24日から開催される「マギアレコード杯」。
SGの裏開催となるが、A1ランカー10名を中心に、男女混合の楽しみなメンバーがズラリと揃った5日間シリーズ。激戦漂うV争いの行方を占っていきたい。

一般 マギアレコード杯

優勝候補筆頭には西村拓也を挙げたい。

3月にボートレース若松で開催された「G1読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」、10月にボートレース江戸川で開催された「G1江戸川大賞 開設66周年記念」でそれぞれ優出の活躍。
9月の住之江、続く桐生、10月のびわこのG1戦でも予選突破を果たすなど、上の舞台でも持ち前の安定感光るレース振りを見せている。
一般戦に入れば格上の存在でV候補として堂々とシリーズを牽引。

対抗格に挙がるのが興津藍。

2月にボートレース丸亀で開催された「G1第64回四国地区選手権競走」では自身3度目のG1優勝。
3月にボートレース福岡で開催された「SG第56回ボートレースクラシック」、5月にボートレース若松で開催された「SG第48回ボートレースオールスター」でもそれぞれ予選突破を果たすなど、大いに存在感を見せた。
ただ、一時期を思えば近況はややトーンダウン。それでもキレ味鋭いハンドルを駆使して。

その両者に割って入るのがベテランの西島義則。

4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」では優出の活躍。
5月にボートレース若松で開催された「SG第48回ボートレースオールスター」、6月にボートレース福岡で開催された「G1福岡チャンピオンカップ開設68周年記念競走」でもそれぞれ予選突破を果たすなど、まだまだインファイターは健在だ。
もちろん今節も一切の妥協なく、コース取りから虎視眈々。

板橋侑我も忘れてはならない。

先日、地元のボートレース浜名湖で開催された「G1浜名湖賞 開設68周年記念」では自身初のG1優勝。
“スーパーエース”と称された48号機の後押しがあったとは言え、そのチャンスを見事にモノにした板橋自身に賞賛を送りたい。
5月にボートレース大村で開催された「G2第25回モーターボート誕生祭~マクール賞~」でも予選突破。G1ウイナーとして自信をつけて今節に挑む。

最後に注目したいのが地元の奈須啓太。

2月の芦屋で準優勝を飾ると、3月の鳴門では4コースから差しを決めて今年初V。6月の児島、同月の住之江ではそれぞれ準優勝。
9月にボートレース桐生で開催された「G1開設65周年記念赤城雷神杯」でも予選突破を果たすなど、存在感をアピール。10月の下関では今年2度目のVを飾ると、前節も優出と好調モード。
強敵がズラリと揃うが、地元で負けられない気持ち。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ