ボートコラム

フナゾウの一般 越前がに解禁競争優勝予想!|ボートレース三国

一般 越前がに解禁競争
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース三国で11月13日から開催される「越前がに解禁競争」は4日間の短期決戦。
A1ランカー7名を中心に実力確かなメンバーが集結。先日行われたG1戦のモーターの動向にも注目が集まる。
混戦の優勝争いの行方を占っていきたい。

一般 越前がに解禁競争

優勝候補の筆頭には林美憲を挙げたい。

2月にボートレース丸亀で開催された「G1第64回四国地区選手権競走」では予選突破の活躍。
4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」、10月にボートレース平和島で開催された「SG第68回ボートレースダービー」にも出場を果たすなど、ハンドルに衰えはない。
一般戦ではV5と勝負強さも見せる林が、コース取りから存在感を見せる。

対抗格に挙がるのが柳生泰二だ。

2月にボートレース徳山で開催された「G1第64回中国地区選手権競走」で予選突破を果たすと、9月にボートレース多摩川で開催された「G1ウェイキーカップ開設67周年記念」では準優勝の大活躍。
一般戦での活躍も凄い。2月の下関、同月の下関、8月の徳山、9月の下関、続く常滑、前節のびわことここまでV6の快進撃。
安定感抜群のレース振りで今節もV戦線を力強く牽引。

この両者に割って入るのが福島勇樹。

2月にボートレース多摩川で開催された「G1第66回関東地区選手権」では予選突破を果たしながらも、準優勝戦でF。
記念戦線に離れていたが、10月にボートレース津で開催された「G2津モーターボート大賞 ウイナーズバトル」では予選突破を果たすなど、存在感を示した。
A2降格もあったが、前期は7点オーバーの勝率を残してA1復帰。高い攻撃力には目が離せない。

永井源も忘れてはならない。

1月にボートレース江戸川で開催された「G1江戸川大賞 開設65周年記念」、2月にボートレース津で開催された「G1第66回東海地区選手権」、3月にボートレース浜名湖で開催された「G1浜名湖賞 開設67周年記念 静岡県知事杯争奪戦」でそれぞれ予選突破。
上の舞台での活躍も目立っている。ここまで7回の優出、1回の優勝。地力は確かな存在で、ピンラッシュあっても驚けない。

最後に大場敏を挙げたい。

3月の「G1浜名湖賞 開設67周年記念 静岡県知事杯争奪戦」では予選突破こそ果たせなかったが、大崩れなく2勝マークするなど地元で意地の走り。
10月の「G2津モーターボート大賞 ウイナーズバトル」では予選突破の活躍を見せた。一般戦ではここまで7回の優出で優勝はなし。
ただ、当地は前回の8月に来た時にオール3連対で準優勝という結果。巧みはハンドルで今年初Vを目論む。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ