ボートコラム

フナゾウのG3 オールレディース マクール杯優勝予想!|ボートレース芦屋

G3オールレディース マクール杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース芦屋で10月16日から開催される「G3オールレディース マクール杯」。
A1レーサー8人を中心に、女子レーサーによる華やかな6日間シリーズに。ただV争いは激戦が予想される。その行方を占っていきたい。

G3 オールレディース マクール杯

優勝候補筆頭は遠藤エミ。

2月に当地で開催された「G2第5回レディースオールスター」では準優勝。
8月にボートレース浜名湖で開催された「G1第35回レディースチャンピオン」では8戦7勝オール2連対と、圧巻の勝ちっぷりで自身2度目のG1制覇を果たした。
7月に当地で開催された「SG第26回オーシャンカップ」にも出場を果たすなど、女子レーサーのトップに君臨。男子顔負けのスピードレースに期待が懸かる。

対抗格に挙がるのが地元の渡邉優美。

こちらも8月の「G1第35回レディースチャンピオン」に出場。安定感抜群のレース振りを見せて、自身初のG1優出。
節間通してもオール3連対と、存在感をアピール。3月の大村で今年初Vを飾ると、7月の下関で今年2度目の優勝。
さらに9月のびわこでは混合戦を2コース捲りで制すと、10月の鳴門では今年4度目となるVを飾った。近況は凡機でも立て直してくる。その辺りも注目したいところだ。

ベテランの寺田千恵もV候補の一人に。

2月にボートレース徳山で開催された「G1第64回中国地区選手権競走」では優出(3着)と大活躍。
4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」、7月の「SG第26回オーシャンカップ」にもそれぞれ出場を果たすなど、まだまだ元気いっぱい。
6月の桐生では鮮やかなハンドル捌きで優勝。ベテランの域に達しているが、常に上位戦線に絡んでくる。

実力確かな三浦永理も忘れてはならない。

8月の「G1第35回レディースチャンピオン」では予選突破こそ果たせなかったが、地元で3勝をマーク。1月の下関で今年初優出を果たすと、2月の鳴門では準優勝。
3月の大村、4月の常滑、続く宮島でも優出の活躍。5月の戸田、7月の住之江、さらには前節の津では男女混合戦でも優出を果たすなど、各地で見せ場を作っている。
シャープな旋回で今節も大いに存在感を見せてくれるはず。

最後に海野ゆかりを挙げたい。

2月の「G2第5回レディースオールスター」にも出場。
予選突破は果たせなかったが、8走中5度の舟券絡み。4月の「G1第22回マスターズチャンピオン」、8月の「G1第35回レディースチャンピオン」にも出場を果たすなど、こちらも巧みなハンドル捌きはまだまだ健在だ。
夏場辺りから調子も復調気味。2節前の大村、さらに前節の宮島で連続優出。今年初Vを目指して果敢に攻める。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ