ボートコラム

フナゾウのG1 大渦大賞開設68周年記念競走優勝予想!|ボートレース鳴門

G1大渦大賞開設68周年記念競走
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース鳴門で9月12日から開催される「G1大渦大賞開設68周年記念競走」。
先日の宮島で熱戦を繰り広げたメンバー達が多数参戦の今シリーズ。激しいV争いが予想される。
一体、どの選手が頂点に立つのか。その行方を占っていきたい。

G1 大渦大賞開設68周年記念競走

優勝候補の筆頭に挙がるのが峰竜太。

5月にボートレース若松で開催された「SG第48回ボートレースオールスター」で自身5度目のSG制覇。
6月の「SG第31回グランドチャンピオン」、7月の「SG第26回オーシャンカップ」でも優出を果たすなど、現在賞金ランキングでもトップを快走。
直前の宮島での途中帰郷は気掛かりだが、異次元のテクでV戦線を牽引。

対抗格に挙げたいのが前本泰和。

こちらは6月にボートレース児島で開催された「SG第31回グランドチャンピオン」で自身2度目のSG制覇を果たした。
直前にボートレース宮島で開催された「G1宮島チャンピオンカップ開設67周年」では安定感抜群の走りで今年9度目のV奪取。
グレードを問わず、強さを見せるこの男が今シリーズも魅せてくれるはず。

池田浩二も注目の一人。

1月にボートレース唐津で開催された「G1全日本王者決定戦(開設67周年記念)」では6コースから鮮やかな捲り差しを決めて優勝。
前節、ボートレース蒲郡で開催された「SG第67回ボートレースメモリアル」では低調機を見事に立て直して優出と、地元の大将格として大いに見せ場を作った。
今期もハイレベルな勝率を残しているだけに楽しみ。

原田幸哉の存在も忘れてはならない。

4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」では3コースから捲り差しを決めて優勝。
8月にボートレース蒲郡で開催された「SG第67回ボートレースメモリアル」では7戦6勝オール2連対と圧巻の強さを見せつけて、自身4度目のSGV。
まだまだ攻撃力は健在でどのコースからでも侮れない。

強力遠征勢を迎え撃つ地元勢。その期待は山田祐也に集まる。

6月にボートレース三国で開催された「G2三国モーターボート大賞~昭和平成無差別マッチ」では5勝をマークして自身初のG2Vを果たした。
G1戦でも優出こそないが、コンスタントに予選突破を果たしている。近況は5節で優勝2回、準Vが2回と好調キープ。地元でハッスル戦に期待が高まる。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ