ボートコラム

フナゾウの一般 マンスリーBOATRACE杯優勝予想!|ボートレース戸田

一般 マンスリーBOATRACE杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース戸田で9月1日から開催される「マンスリーBOATRACE杯」。
A1レーサー9名を中心に、男女混合の5日間シリーズ。イン受難と言われる当地の水面だけに、何が起こるか分からない。
混戦の優勝争いを占っていく。

一般 マンスリーBOATRACE杯

優勝候補の筆頭には地元の飯島昌弘を挙げたい。

3月にボートレース三国で開催された「G1開設67周年記念 北陸艇王決戦」では予選突破こそ果たせなかったが、3勝を含めて7度の舟券絡み。
4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」でも優出(6着)を果たすなど、上の舞台でも活躍を見せている。
ただ今年はここまで優勝0。混戦シリーズだからこそ、地の利を生かしてV戦線を牽引へ。

攻撃力確かな藤岡俊介が対抗一番手。

1月にボートレース尼崎で開催された「G1尼崎センプルカップ(開設68周年記念)」、4月にボートレース大村で開催された「G1ダイヤモンドカップ」でそれぞれ優出(3、6着)の活躍。
7月にボートレース芦屋で開催された「SG第26回オーシャンカップ」ではSG初出場。予選突破とはならなかったが、水神祭をマークした。
抜群のST力を生かして、コース問わず襲いかかる。

SGレーサーの佐々木康幸も黙っていない。

2月にボートレース津で開催された「G1第66回東海地区選手権」、3月にボートレース浜名湖で開催された「G1浜名湖賞 開設67周年記念 静岡県知事杯争奪戦」ではそれぞれ予選突破の活躍。
一般戦では1月の住之江、3月の尼崎、4月の平和島でそれぞれV戦の1枠を手にしながらも、全て悔しい準優勝。
近況こそややリズムを崩しているが、地力を生かしてV戦線に名乗り。

今井貴士も忘れてはならない存在に。

3月の宮島G3で今年初優出。5月の下関では7日間のロングシリーズで連日、白星をマーク。7勝を挙げて今年初Vを成し遂げた。
続く丸亀、芦屋でも連続優出。7月の若松で今年2度目のVを飾ると、続く児島、若松でも準優勝と近況のリズムも上々だ。
当地はV2を飾っているだけに、相性の面でも心配なし。ならば持ち前のコーナー勝負で、今節も勝ち負けしてくれるはず。

最後に挙げるのが福来剛。

2月の桐生、3月の江戸川と立て続けに勇み足。それでも5月の津では2枠で優出を果たすと、冷静なハンドル捌きで今年初優勝。
5月にボートレース平和島で開催された「G1開設67周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」では初日の大敗が響いて予選突破は果たせなかったが、2日目から安定した走りを見せた。
8月の三国でも優出の活躍。A2落ちを喫したが、ここから巻き返しあるのみ。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ