ボートコラム

フナゾウの一般 デイリースポーツ杯優勝予想!|ボートレース若松

デイリースポーツ杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース若松で8月18日から開催される「デイリースポーツ杯」。
A1レーサー8名を中心に実力者がズラリと揃って熱戦が繰り広げられる。
それだけにV戦線は混戦漂う。そんな6日間シリーズの優勝争いを占っていきたい。

一般 デイリースポーツ杯

辻栄蔵が断然の優勝候補筆頭だ。

3月にボートレース住之江で開催された「G1太閤賞競走開設64周年記念」、4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」ではそれぞれ予選突破の活躍。
2節前にボートレース尼崎で開催された「G2尼崎モーターボート大賞~まくってちょーうだい!!~」では準優勝を飾るなど、上の舞台での活躍も目立っている。
卓越したハンドルワークでV戦線を牽引。

地元期待の中田達也が対抗一番手。

3月にボートレース浜名湖で開催された「G1浜名湖賞 開設67周年記念 静岡県知事杯争奪戦」では好モーターを武器に快走。G1初優出と大いに存在感をアピール。
その他では2月の若松、5月の下関、続く児島、7月の若松で優出の活躍を見せている。
当地に関しては今年6度目の参戦となる今節。勝手知ったる地元水面で気合の入ったレース振りを見せるだろう。

近況の復調振りが目立つのが吉田一郎だ。

2月にはボートレース大村で開催された「G1九州地区選手権」にも出場。予選突破は果たせなかったが、2勝をマークするなど存在感を見せた。
4月の唐津で今年初優出を果たすと、続く大村で今年初優勝。5月の鳴門ではV戦1枠で大敗を喫したが、6月の大村で今年2度目の優勝。
前節の大村でも優出を果たすなど、活発なレース振りも見られる。今シリーズも注目の存在に。

榎幸司も忘れてはならない存在に。

年明け初戦の大村で優出を果たすと、2月の「G1九州地区選手権」では安定した成績で予選を突破。
優出とはならなかったが、地元でしっかり結果を残した。5月の芦屋、同月の宮島でも優出。さらに6月の唐津、7月の大村、前節の大村でも優出を果たすなど、明らかに調子の方も上向いてきている。
確かなハンドル捌きで一般戦では確実に上位争いに食い込んでくる。

最後に柳生泰二を挙げたい。

2月の下関で今年初優勝を飾ると、続くボートレース徳山で開催された「G1第64回中国地区選手権競走」では予選突破の活躍。
続く下関でも優勝を飾るなど、序盤から好調の走り。4月の鳴門、続く徳山でも連続優出を果たすと、前節の徳山で今年3度目の優勝を決めた。
地元での強さが目立っているが、もちろん当地の相性も問題なし。持ち前の速攻戦でV戦線に顔を出す。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ