ボートコラム

フナゾウのG1 第35回レディースチャンピオン優勝予想!|ボートレース浜名湖

フナゾウ
フナゾウ

ボートレース浜名湖で8月4日から開催される「G1第35回レディースチャンピオン」。
前年度優勝者、オールレディース優勝者、女子レーサーの勝率上位者により熱戦が繰り広げられる。
ボートレース界トップの女子レーサーが、ここ浜名湖に集結。そんな大激戦の優勝争いの方を占っていきたい。

G1 第35回レディースチャンピオン

優勝候補の筆頭に挙げたいのが守屋美穂。

3月の児島で2コースから差し切り今年初Vを挙げると、続く丸亀でも連続優勝。5月の児島、7月再び児島で優勝を果たすなど、近況の充実振りがキラリと光る。
前節にボートレース芦屋で開催された「SG第26回オーシャンカップ」でも強豪男子の中で予選突破を果たすなど、大いに見せ場。
昨年の今大会ではV戦の絶好枠を手にしながらも悔しい惜敗に終わっただけに、今年はリベンジに燃えている。

対抗格に挙げたいのが平高奈菜。

昨年の年末、当地で開催された「G1第9回クイーンズクライマックス」でG1初制覇。今年も1月の下関、4月の福岡、同月の常滑、6月の住之江で優勝。
7月にボートレース丸亀で開催された「G2第3回全国ボートレース甲子園」でも優出を果たすなど、調子も問題はなさそう。
男子レーサーも顔負けのスピードレースを駆使して、暴れ回ってくれるはず。

小野生奈もV候補の一人。

2月にボートレース芦屋で開催された「G2第5回レディースオールスター」では終盤に4連勝を飾るなど優勝を掴んだ。
7月の尼崎では3コースカドから鮮やかな捲り差しを決めて優勝。続く「SG第26回オーシャンカップ」でも予選突破の活躍を見せた。
年末の「G1第9回クイーンズクライマックス」では準Vを飾るなど、当地との不安もなさそうだ。

遠藤エミも忘れてはならない。

こちらは「G2第5回レディースオールスター」で準優勝。1月の蒲郡で今年初Vを飾ると、4月の多摩川、続くびわこと連続Vを達成。
5月の徳山でも優勝を飾るなど、今年も強さを見せている。G1、G2を合わせて4度優勝ある実力者。豪快なレース振りは見ているファンを魅了する。

強力遠征勢を前に奮闘したいのが地元の長嶋万記。

年明け初戦の下関で準優勝。4月の常滑で優出を果たすと、続く宮島、児島、浜名湖では3節連続の準優勝。
6月の江戸川ではFを喫してしまったが、その後も果敢な踏み込みを見せている。意外にも特別戦制覇はなし。地元で悲願達成といきたいところだ。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ