ボートコラム

散人の一般 日本トーター杯競走優勝候補予想!|ボートレース鳴門

散人
散人

7月も後半に突入すると、気温と湿度の上昇により厳しい生活が待っています。ボートレースでも気温と湿度の上昇による変化が起こりやすい時期で、調整をしっかり合わせられないとモーターの性能が発揮されない問題もあります。

今回はボートレース鳴門で開催される日本トーター杯競争の優勝候補を紹介します。近況の安定感で優勝を繰り返しているあの選手が優勝候補筆頭として引っ張るのは間違いないでしょう。

安定感のあるあの選手が本命?日本トーター杯競走の優勝候補は?

・山崎郡

鉄板の安定感。4節連続優出中で大崩れしないレースが魅力。

今回の優勝候補筆頭。現在4節連続優出中で、一般戦では強力な相手がいなければ敵なしの状態になっている。今後も一般戦を中心に出走する選手だが、他のA1選手と比べても持っているものが違う。将来性の高さも感じさせている。

・井上忠政

2節連続優出中。G1でも徐々に成績を出せるようになった成長株。

2節連続で優出しており、住之江では優勝している。序盤の展開が悪くても、しっかり勝利を重ねて優出すればそれなりの結果は出せる。G1でも準優勝戦に進めるようになるなど、成長が結果につながっている。

・繁野谷圭介

前節優勝の勢いをそのまま持ち込みたい。崩れ続けるようだと辛い展開に。

前節の浜名湖で優勝しているが、その時は節間を通じて崩れる展開がなく、1着を取り続けていた。これまでの不調から脱却できるか、このレースは重要になるだろう。舟券になかなか絡めない展開になると優勝は厳しくなる。

・山地正樹

一般戦が主戦ではあるが近況不調。5日間開催での変化に期待。

一般戦で結果を出している選手だが、近況はかなり厳しい成績が続いている。前節のG3でも微妙な成績で終わっているが、しっかり調整できれば好成績に期待できる。あまりにも状態が悪いと途中で帰郷する可能性もある。

・齊藤優

前節は強力なメンバー相手に優出。地元で連続優出して一発を狙う。

前節の大村はメンバーが強力だったが、予選からしっかり結果を出して優出している。今回は地元の慣れたコースで連続優出を狙いたい。出入りの激しい成績だけに、序盤から苦戦すると優勝争いには食い込めないだろう。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

一般戦の鬼を誰が止めるのか、ここが焦点となるでしょう。誰も止められなければ順当に優勝すると予想されますが、優勝戦でスタートの一撃が期待できる選手なら止められる可能性は十分あります。

予想担当:散人

競艇バレット

無料予想毎日2レース以上

競艇バレット
的中実績

2021/3/31(水) 江戸川6R→江戸川7R 644,280円
2021/4/28(水) 尼崎8R→尼崎9R 559,630円
2021/5/23(日) 蒲郡1R→蒲郡2R 623,100円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ