ボートコラム

散人の一般 第39回日本財団会長杯優勝候補予想!|ボートレース若松

一般 第39回日本財団会長杯
散人
散人

梅雨明けの兆候が見られつつあるなど、そろそろ暑くなる季節に入ります。今年はどのような夏になるかわかりませんが、近年ありがちな猛暑の可能性も十分あるなど、生活するにも苦労するケースが多くなりそうです。

今回はボートレース若松で開催される第39回日本財団会長杯の優勝候補を紹介します。A1経験者が多数参戦しているなど、ちょっとした展開で優勝争いは変わっていきそうです。

過去の実力者も多数参戦で混戦も?第39回日本財団会長杯の優勝候補は?

・今井貴士

近況の安定感が魅力。優勝戦にほぼ絡んでくる実力は本物。

近況も優出しているレースが数多く見られるなど、安定性はトップクラス。前節の大村は優出できていないものの、メンバーが強力な中で健闘している。安定して上位に入るレースは、優勝争いの先頭を走るために重要でもある。

・永田啓二

実力はメンバー内でも上位。近況は突然崩れるレースが多い。

このメンバーでも実力はトップクラス。G1でも時より活躍する機会があるなど、一般戦以外でもしっかり戦えるところは見せている。近況は予選で安定したレースを展開していると思ったら準優勝戦で崩れるなど、どこか安定しないところが気がかり。

・乙藤智史

前節は安定した成績で優出。安定した成績が出せれば優勝争いに加われる。

前節の成績は安定しており、優勝戦でも2着に入っている。崩れない成績が出せれば優勝争いに入れるが、崩れて不安定な成績が出ると少し厳しい。地元でのレースとなるため、慣れたコースでしっかり結果を出したい。

・高濱芳久

前節はしっかりと優出を決めている。A2だが近況の良さは侮れない。

前節は優出を決めており、数ヶ月前と比較してかなり成績が良くなっている。優出できていないレースも安定した結果を出せるようになり、かつてA1を経験した実力が戻りつつある。成績にばらつきが出ると優勝争いが厳しくなる。

・中岡正彦

前期はA1だったが成績を落としてA2に。近況も調子は悪いが復活すると怖い存在。

前期はA1でレースをしていたが、成績が足りずA2に降格している。近況の調子も決していいわけではなく、1節間1着を取れないで終わってしまったケースもある。ただ、成績が戻ってきた場合は要注意と言える存在でもある。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

過去にA1を経験している選手が数多くいるため、モーター抽選などの結果によっては波乱も十分に考えられます。序盤から抜け出せる選手がどれだけいるかも注目です。

予想担当:散人

競艇バレット

無料予想毎日2レース以上

競艇バレット
的中実績

2021/3/31(水) 江戸川6R→江戸川7R 644,280円
2021/4/28(水) 尼崎8R→尼崎9R 559,630円
2021/5/23(日) 蒲郡1R→蒲郡2R 623,100円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ