ボートコラム

フナゾウの一般 山口ヤクルト杯優勝予想!|ボートレース下関

フナゾウ
フナゾウ

ボートレース下関で6月26日から開幕する「山口ヤクルト杯」。
ベテランから若手、さらには個性溢れる選手も揃って、濃厚な5日間シリーズになることは間違いなし。混戦漂う優勝争いを占っていきたい。

一般 山口ヤクルト杯

遠征勢を迎え撃つ地元勢。まずは吉村正明。

1月の芦屋→唐津で連続優勝。3月にボートレース福岡で開催された「SG第56回ボートレースクラシック」にも出場。
事故の影響もあり、予選突破とはならなかったが、4度の2連対をマーク。2,5月の徳山G1戦ではそれぞれ予選落ち。
近況でも3月の徳山から優出は遠ざかっているのがやや気掛かり。ただ勝手知ったるホームプールで気合は倍増。ここからギアを上げていくか。

同じく地元の海野康志郎も黙っていない。

年明け初戦の当地で優勝を果たすと、そこから宮島、三国(優勝)、下関で優出ラッシュ。
4月にボートレース住之江で開催された「G1太閤賞競走開設65周年記念」では準優1枠を獲得。悔しい敗退となったが、大いに存在感を見せた。
続くボートレース大村で開催された「G1ダイヤモンドカップ」でも予選突破。重量を感じさせないキレ味鋭い走りでV戦線を牽引へ。

インファイターの西島義則はコース取りから見せ場。

4月に当地で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」では序盤から安定した走りで予選、準優と突破。惜しくも4着に敗れたが、まだまだ走りは健在。
5月にボートレースにボートレース若松で開催された「SG第48回ボートレースオールスター」でも予選突破の活躍。
直前節の鳴門でのFは気になるところだが、強気なコース取りから主導権を握る。

近況絶好調の山崎郡にも熱い視線を送りたい。

1月にボートレース尼崎で開催された「G1尼崎センプルカップ(開設68周年記念)」、4月にボートレース津で開催された「G1開設67周年69周年記念 ツッキー王座決定戦」ではそれぞれ予選突破。
一般戦に目を向けると、1月の常滑でVを果たすと、5月のびわこ→常滑で連続優勝。続く丸亀では優勝を逃したが、前節の大村で今年4度目のVを掴んだ。
近況充実度は間違いなく一番だ。。

最後に挙げたいのが菅章哉だ。

2月の児島では開幕から6連勝。連勝こそ途切れたが4枠で優出を果たすと、強力な伸びを生かして鮮やかな捲り差しを決めて今年初V。
3月の鳴門でも、4コースから伸び捲りで田村隆信を撃破。4月の唐津では大外捲りで茅原悠紀、菊地孝平らを撃破し今年3度目の優勝。
前節の宮島でも5枠で迷わず大外を選択。チルト3であっさり捲って今年4度目のVを果たした。どこまで伸びを引き出してくるか楽しみ。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ