ボートコラム

フナゾウの一般 マクール杯競走優勝予想!|ボートレース鳴門

一般 マクール杯競走
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース鳴門で6月2日から開催される「マクール杯競走」。
実力確かな選手に加えて、今話題のあの選手の参戦まで…。楽しみな短期決戦となることは間違いないだろう。
混戦の優勝争いを占っていきたい。

一般 マクール杯

優勝候補の筆頭に挙がるのが地元の市橋卓士。

今年は1月の住之江でオール3連対の活躍で今年初優勝。2月にボートレース丸亀で開催された「G1第64回四国地区選手権競走」では優出(5着)の活躍を見せた。
4月の戸田、5月の三国でも優勝。前節、ボートレース大村で開催された「G2第25回モーターボート誕生祭~マクール賞~」でも予選突破の活躍。
今シリーズは地元大将格として遠征勢を迎え撃つ。

対抗格には谷村一哉を挙げたい。

今年は年明け初戦の徳山で優出を果たすと、1月の尼崎で今年初Vを達成。
2月にボートレース徳山で開催された「G1第64回中国地区選手権競走」では予選突破の活躍。3月の徳山では2コースから差しを決めて今年2度目の優勝を飾った。
近況は優出から遠ざかっているが、一般戦では確実に予選を突破してくる。安定感抜群のハンドル戦で打倒・市橋に燃える一番手に。

実力確かな北村征嗣も忘れてはならない。

今年は2月にボートレース三国で開催された「G1第64回近畿地区選手権競走」で優出(5着)の活躍。
3月にボートレース福岡で開催された「SG第56回ボートレースクラシック」では自身SG初出場。
予選突破こそならなかったが、2日目には待望の水神祭も飾るなど存在感をアピール。4月の宮島で今年初V。
近況は目下3節連続優出中と好調キープ。この男にも目が離せない。

今、話題を集める選手と言えばこの藤山翔大だ。

今年は年明け初戦のびわこで優出を果たすと、1月の戸田→福岡→鳴門→常滑と4節連続優出。
3月の戸田では脅威の伸びを生かして、オール3連対で今年初V。3日目後半から7連勝で締めるくくるなど、無敵の状態だった。続く蒲郡→徳山でも優出。
4月の津ではインの石野貴之を3コースからあっさり捲って今年2度目の優勝。別格の伸びを生かしたレースは穴党ならずとも注目したい。

最後に挙げるのが石丸海渡。

今年は年明け初戦の丸亀で優出。続く住之江では2枠ながら5コースを選択。鮮やかな捲り差しを決めて今年初優勝を飾った。
3月にボートレース三国で開催された「G1開設67周年記念 北陸艇王決戦」では自身初のG1優出も飾るなど大活躍を見せた。
5月の福岡では安定感抜群のレース振り。勢いは衰えることなく、今年2度目の優勝を掴んだ。スピードだけでなくハンドル戦にも磨きがかかってきている。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ