ボートコラム

フナゾウの一般 ニッカン・コム杯優勝予想!|ボートレース芦屋

一般 ニッカン・コム杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース芦屋で5月30日から開催される「ニッカン・コム杯」。
隣のボートレース若松では大舞台が熱戦を繰り広げられているが、当地にも実力確かな面々がズラリと揃った。
楽しみな6日間シリーズに注目をしたい。

一般 ニッカン・コム杯

優勝候補の筆頭に挙げたいのが大上卓人。

今年は2月にボートレース徳山で開催された「G1第64回中国地区選手権競走」で優出(6着)の活躍。
5月にボートレース徳山で開催された「G1徳山クラウン争奪戦開設68周年記念競走」でも優出(4着)を果たすなど、コンスタントに活躍を見せている。4月の福岡では11戦9勝と圧巻の勝ちっぷりを見せて今年初優勝。
抜群の攻撃力を生かした攻めのレースでV戦線を牽引。

対抗格に挙がるのが上平真二。

こちらは年明けから絶好調。2月の「G1第64回中国地区選手権競走」で優出(4着)。
4月のボートレース宮島で開催された「G1宮島ダイヤモンドカップ」でも優出(3着)、同月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」でも優出(5着)を果たすなど、舞台問わず見せ場を作っている。
当地は3月に優勝実績。安定感抜群の走りには熱視線を送りたい。

こちらも実力確かな林美憲も忘れてはならない。

今年は1月の鳴門で優出を果たすと、続く尼崎でも優出の活躍。2月にボートレース丸亀で開催された「G1第64回四国地区選手権競走」では予選突破の活躍を見せた。
続く下関→鳴門で優出を果たすと、続く住之江ではオール3連対の活躍で今年初Vを飾った。
前節の唐津では3コースから鮮やかな捲り差しを決めて今年2度目の優勝。一般戦では格上の存在だ。

もちろん地元勢も黙っていない。まずは中辻崇人。

今年は年またぎの大村で優出を果たすと、1月の徳山では大外枠から準優勝。2月の丸亀でも優出。
続く宮島ではFを喫してしまったが、3月の徳山では終盤5連勝をマークするなど、今年初Vを飾った。続く福岡、前節の丸亀でも優出の活躍。
ここまで6回の優出、1回の優勝と、一般戦では常に安定感光るレース振り。地元大将格として遠征勢を迎え撃つ。

最後に挙げるのが、こちらも地元の奈須啓太。

2月の芦屋では今年初優出、準優勝という結果。3月の鳴門では4コースから差しを決めて今年初V。
続く住之江でも優出を果たすと、5月の福岡でも優出の活躍を見せた。ここまで4回の優出で1回という結果。
6点後半勝率を残して、STも0.12とバッチリ決まっている。当地は通算の優出回数でも10回と一番。中辻同様、気合は十分。この男にも熱視線を。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ