ボートコラム

フナゾウの一般 第21回JPF杯優勝予想!|ボートレース江戸川

一般 第21回JPF杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース江戸川で5月22日から開催される「第21回JPF杯」。
全国屈指の難水面に各地から実力者達がズラリと参戦。男女混合で楽しみな一節になることは間違いなし。混戦漂う優勝争いに目が離せない。

一般 第21回JPF杯

優勝候補の筆頭には西村拓也を挙げたい。

今年は3月にボートレース若松で開催された「G1読売新聞者杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」で優出(6着)の活躍。
2月にボートレース三国で開催された「G1第64回近畿地区選手権競走」、4月にボートレース住之江で開催された「G1太閤賞競走開設65周年記念」でもそれぞれ予選突破を果たすなど
コンスタントな活躍を見せている。安定感抜群の走りでV戦線を牽引。

対抗格にはベテランの仲口博崇を挙げる。

今年は年明け初戦の常滑で優出を果たすと、1月の鳴門では2コースから差し切り今年初優勝。さらに続く桐生ではオール3連対で、2節連続の優勝を飾った。
4月にボートレース下関で開催された「G1第22回マスターズチャンピオン」にも出場。前節の蒲郡では今年3度目の優勝を飾るなど、好調の走りを見せている。
ベテランの域に入っても、持ち前の速攻戦に衰えはない。

地元の今泉友吾も忘れてはならない。

今年は年明け初戦の平和島で優出。2月の常滑、4月の平和島でも優出を果たすなど、ここまで3回の優出。
1月の当地ではデビューから初めてのFを切ってしまったが、その後は安定のST力を見せている。3月の「G1読売新聞者杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」では凡機に大苦戦。
ただ良機の後押しがあれば上の舞台でも通用するテクがある。荒波も苦にせず躍動見せる。

同じく地元の大池佑来も気合は十分。

今年は年明け初戦の江戸川で優出を果たすと、2月の徳山から多摩川、江戸川と3節連続優出の活躍。
4月の江戸川、5月の芦屋でも優出と、ここまで優勝こそないが、6回の優出を数える。
2月にボートレース多摩川で開催された「G1第66回関東地区選手権」では予選敗退に終わったが、5度の舟券絡みと、存在感は見せた。
走り慣れた地元水面でキレ味鋭いコーナー戦にご注目。

最後に挙げるのが坂元浩仁。

今年は1月の蒲郡で優出を果たすと、2月の江戸川では準優勝。3月の桐生では12戦9勝、オール3連対と抜群の成績を残して今年初Vを飾った。
続く津でも優出を果たすと、4月の三国でも優出の活躍を見せた。
直前節にボートレース徳山で開催された「G1徳山クラウン争奪戦開設68周年記念競走」では予選突破はならなかったが、6度の舟券絡みがあった。
攻撃力確かなこの男も怖い存在に。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ