ボートコラム

フナゾウのG1 開設67周年記念 トーキョー・ベイ・カップ優勝予想!|ボートレース平和島

G1開設67周年記念 トーキョー・ベイ・カップ
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース平和島で5月15日から開催される「G1開設67周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」。
全国各地から豪華な面々が集結。イン受難と言われる当地の水面だけに激戦必至。気になる優勝争いを占っていきたい。

G1 開設67周年記念 トーキョー・ベイ・カップ

優勝候補の筆頭に挙げたいのが桐生順平。

昨年は6年連続のGP出場がストップ。巻き返しを図る今年は絶好調。
2月にボートレース多摩川で開催された「G1第66回関東地区選手権」で優勝を果たすと、3月にボートレース浜名湖で開催された「G1浜名湖賞 開設67周年記念 静岡県知事杯争奪戦」で準V。
4月にボートレース宮島で開催された「G1宮島ダイヤモンドカップ」でもV。
ここまでG1V2を含む8優出、優勝6回。年末へ向けて突っ走るのみ。

関東から参戦の毒島誠も燃えているはず。

今年は3月に多摩川の一般戦で今年初Vを飾ると、3月にボートレース福岡で開催された「SG第56回ボートレースクラシック」では優出(4着)の活躍。
近況はG1戦で予選落ち、地元の一般戦でも準優止まりと、やや物足りなく映るが、これからどんどん調子を上げてくるはずで心配はなさそう。
艇界屈指の調整力でどんなモーターも立て直してくる。今節も大いに期待したい。

地元からは濱野谷憲吾に注目を。

今年は4月にボートレース大村で開催された「G1ダイヤモンドカップ」で、2018年10月以来のG1Vを飾った。
1月にボートレース江戸川で開催された「G1江戸川大賞 開設65周年記念」でも準優勝、2月の「G1第66回関東地区選手権」でも優出を果たすなど、今年は序盤から好調キープ。
勝手知ったる地元水面で“東都のエース”が燃えている。遠征勢を迎え撃つ地元大将に期待だ。

勢い止まらない丸野一樹も忘れてはならない。

今年は1月にボートレース尼崎で開催された「G1尼崎センプルカップ(開設68周年記念)」で優勝を飾ると、3月にボートレース若松で開催された「G1読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」で今年2度目のG1優勝。
4月にボートレース津で開催された「G1開設69周年記念 ツッキー王座決定戦」でも準優勝と、好調ムードは維持。大舞台でも活躍が期待されるが、今年3度目のG1優勝へ。

最後に挙げたいのが西山貴浩。

昨年は自身初のG1優勝やGP出場も成し遂げ、充実の一年を過ごした。
今年は1月の「G1江戸川大賞 開設65周年記念」でオール3連対で今年初V。3月の「G1読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」でもしっかり予選突破を果たした。
前節の下関では低調機を立て直して、今年2度目のVゴール。丘の上だけではなく、水面の上でも活躍を見せる西山に目が離せない。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ