ボートコラム

フナゾウのG3 マスターズリーグ第1戦 西スポ杯争奪芦屋カップ優勝予想!|ボートレース芦屋

G3マスターズリーグ第1戦 西スポ杯争奪芦屋カップ
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース芦屋で5月12日から開催される「G3マスターズリーグ第1戦 西スポ杯争奪芦屋カップ」。
経験豊富なベテラン達がしのぎを削る6日間シリーズ。進入、そしてレースの駆け引きと、濃厚な一節になりそうだ。

G3 マスターズリーグ第1戦 西スポ杯争奪芦屋カップ

優勝候補の筆頭に挙がるのが地元の田頭実だ。

今年は年明け初戦の若松で優出を果たすと、続く芦屋では2018年12月の桐生以来のVを飾った。
2月にボートレース大村で開催された「G1九州地区選手権」では予選突破の活躍。続く芦屋では6勝を挙げて、今年2度目の優勝を飾った。
今月末にはボートレース若松で開催される「SG第48回ボートレースオールスター」にも出場予定。
今節も持ち前の速攻力を生かしてピンラッシュへ。

対抗格には中辻博訓を挙げたい。

こちらは年明け初戦の三国で優勝戦1号艇をゲット。5着に敗れはしたものの、V戦線を堂々引っ張った。
2月にボートレース三国で開催された「G1第64回近畿地区選手権競走」では予選突破の活躍。
3月の若松では大崩れのない安定した走りで、今年初Vを飾った。前節の三国でも準優勝の活躍。この男もスリット戦は強烈そのもの。
勢いづけば止められないだけに初戦から注目だ。

ハンドル確かな三嶌誠司も忘れてはならない。

今年は年明け初戦の丸亀で優出。1月にボートレース唐津で開催された「G1全日本王者決定戦(開設67周年記念)」では、予選突破こそならなかったが、9走して6回もの2連対。存在感をアピールした。
3月の福岡で今年初V。続く徳山でも優勝こそ逃したが、中盤6連勝を含む7勝をマーク。
今シリーズに入れば、まだまだスピード戦は健在。巧みなハンドル捌きにご注目。

烏野賢太もV戦線に割って入る存在に。

今年は年明け初戦の鳴門で優出。2月にボートレース丸亀で開催された「G1第64回四国地区選手権競走」では、予選突破こそならなかったが、2勝を含む5走の舟券貢献。
続く徳山では優出の活躍。3月の唐津、続く児島、さらに4月の鳴門と、優勝こそ逃したが3度の準Vを飾った。
全盛期の勢いこそないが、コーナー戦は実に堅実。グレートな走りでファンを魅了するか。

最後に挙げたいのが上瀧和則だ。

2011年3月の唐津以降は戦列を離れていたが、2020年5月の下関で久々に復帰。10月の宮島では優勝戦にも進出。
優勝戦では6枠でインを取るなど、大いにファンを沸かせた。今年は2月の丸亀で優出の活躍。近況は予選突破もだいぶ増えてきている。
当地はSG優勝も経験したことのあるドル箱水面。まだ復帰後初優勝は飾れていないが、ドル箱の当地ならあっさり勝っても驚けない。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ