ボートコラム

フナゾウの一般 常滑市長杯優勝予想!|ボートレース常滑

一般 常滑市長杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース常滑で4月3日から開催される「常滑市長杯」。
A1レーサー10人を中心に、実力者が顔を揃えた一節。それだけに優勝争いは混戦模様。シリーズの行方を占っていきたいと思う。

一般 常滑市長杯

優勝候補の筆頭に挙げるのが地元の岩瀬裕亮。

昨年は自己最多の8回の優勝をマーク。
今年は2月にボートレース津で開催された「G1第66回東海地区選手権」では予選突破の活躍。
直前節にボートレース福岡で開催された「SG第56回ボートレースクラシック」でも予選突破と、大舞台でも見せ場を増やしている。
一般戦では2月の浜名湖、続く若松で連続V。今年は更なる飛躍へ。地元水面で優勝戦線を引っ張る存在に。

続いて挙げたいのが白石健。

昨年は19回の優出、6回の優勝。共にこれまでの自己最多の数字をマークした。
さらに12月の若松では、史上31人目の24場制覇も達成。今年も2月の尼崎で優勝。
直前節の「SG第56回ボートレースクラシック」では予選突破と存在感を見せた。年齢を重ねてきたが、速攻力を生かしたレーススタイルに変わりはない。
どのコースからでも1着が取れるだけに、怖い存在になりそうだ。

ベテランの江口晃生も忘れてはならない。

昨年は13回の優出、4回の優勝。今年も2月にボートレース多摩川で開催された「G1第66回関東地区選手権」に出場。
予選に2勝をマークし、突破。準優勝戦でも2着に食い込み、優出に成功。優勝戦では4着に敗れたが、コース取りから存在感を示した。
ここまで優勝こそないものの、しっかり仕上げて大いに見せ場は作っている。進入、そしてレース振りともに注目を。

攻撃力と言う点では山田哲也にご注目。

昨年は18回の優出のうち、5回の優勝。今年も年明けの江戸川で優出を果たすと、1月末の津では圧巻の走りを披露。
初日12Rこそ2着に敗れたものの、その他のレースで全てピン。終わって見れば、11戦10勝オール2連対と、堂々のVを飾った。
2節前のびわこ、そして直前節の児島で優出と、調子も上向き。ならば速攻戦に磨きがかかるか。内はもちろん、外でも一発視野に。

最後に地元の河村了を挙げたい。

昨年は14回の優出、優勝は3回。そのうちの1回は5月にボートレース丸亀で開催された「G2まるがめMB大賞 京極の乱~全国支部合戦~」でのもの。
今年も年明け一発目の蒲郡で優勝を果たすと、続く多摩川でも準優勝。
直前節、ボートレース福岡で開催された「SG第56回ボートレースクラシック」でも舟券貢献の走りを見せた。通算V7の当地で、誰よりも思いは強いはず。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ