ボートコラム

フナゾウの一般 第20回日刊ゲンダイ杯優勝予想!|ボートレース江戸川

一般 日刊ゲンダイ杯
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース江戸川で3月25日から開催される「第20回日刊ゲンダイ杯」は4日間の短期決戦。
全国屈指の難水面に、実力確かな面々が勢揃い。それだけに優勝争いは熾烈を極める。楽しみな一節になることは間違いない。

一般 第20回日刊ゲンダイ杯

断然の優勝候補に挙がるのが魚谷智之だ。

昨年は優出9回のうち、3回の優勝。3月にボートレース尼崎で開催された「G1尼崎センプルカップ(開設67周年記念)」では優出(3着)の活躍。
今年は直前節のボートレース若松で開催された「G1読売新聞社全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」では大崩れのない安定した成績で見事、優出を果たした。
SGV3を誇る実力者。もちろんシリーズの中心として力を出し切るのみ。

魚谷と同じく兵庫の古結宏も優勝候補の一人。

昨年は13回の優出、1回の優勝。G1戦では優出こそなかったが、9月にボートレース徳山で開催された「G1ダイヤモンドカップ」で予選突破の活躍。
今年は1月にボートレース尼崎で開催された「G1尼崎センプルカップ(開設68周年記念)」で、強豪がズラリと揃う中、優出(6着)と健闘を見せた。
コース問わず、巧みなハンドル戦で展開浮上。もちろんV候補の一角に。

攻撃力確かな永井源も、上の二人に割って入りたい。

昨年は優出9回、2回の優勝。上の舞台での活躍はあまり見られなかったが、3月の唐津では7戦4勝でVを果たすと、10月の桐生では9戦7勝と、圧巻の勝ちっぷりを見せた。
今年は1月に当地で開催された「G1江戸川大賞 開設65周年記念」を含む、3度のG1で予選突破の活躍を見せている。
当地との相性もいいだけに、高い攻撃力を存分に発揮してくれるはず。

小山勉も侮れない存在になりそう。

昨年は10回の優出のうち、優勝は1回。G1戦では予選突破こそなかったが、着実に見せ場は増えてきている。
10月の多摩川では2日目後半から4連勝を決めて、Vをもぎ取った。2節前の戸田では、開幕から3連勝。
大崩れなくファイナルまで駒を進めると、優勝戦でもトップSTを決めて、今年初優勝を飾った。当地は優勝こそないが、相性はいい。
それだけに上位相手でも怯まない。

最後に挙げたいのが地元の桑原将光だ。

昨年は優出5回で、優勝はなかった。序盤戦こそ苦しんだ印象あるが、5月の桐生で優出を果たすと、8月、9月と当地の水面で優出を果たしている。
そして、今年の2月に当地で開催された一般戦では、序盤から絶好調。終わって見れば9戦5勝、オール3連対での優勝。
どの水面よりも実績は断然。それだけにいつもの評価の5割増し以上の評価でも。地元で今節も躍動へ。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ