ボートコラム

フナゾウの一般 Daiichi-TV ファイティングカップ優勝予想!|ボートレース浜名湖

一般 Daiichi-TV ファイティングカップ
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース浜名湖で3月20日から開催される「Daiichi-TV ファイティングカップ」。
SGの裏開催となる今節だが、実力者がズラリと揃った。それだけに優勝争いは混戦模様。楽しみなシリーズになることは間違いない。

一般 Daiichi-TV ファイティングカップ

優勝候補筆頭は地元の坪井康晴だ。

昨年は11回の優出のうち、優勝は3回。昨年は6月にボートレース宮島で開催された「SG第30回グランドチャンピオン」で予選突破の活躍。
11月にボートレース福岡で開催された「G1福岡チャンピオンカップ開設67周年記念競走」では優出を果たすなど、さすがの走りを見せた。
もちろん地元の今シリーズは堂々の主役を務める。SGV3の決定力を存分に見せつける。

続いて挙げるのが角谷健吾。

昨年は11回の優出、1回の優勝。2月にボートレース多摩川で開催された「G1ウェイキーカップ開設65周年記念」では予選突破の活躍。
4月にボートレース津で開催された「G1第21回マスターズチャンピオン」にも出場を果たすなど、まだまだハンドル捌きに衰えはない。
今年も年明けの地元のお正月レースで3コースから優勝を果たすなど、調子はまずまず。今節も注目の一人に。

攻撃力確かな本多宏和も割って入る。

昨年は優出8回、優勝は1回。9月にボートレース宮島で開催された「G1宮島チャンピオンカップ開設67周年」に出場。
予選をオール3連対で突破すると、準優勝戦の1枠をゲット。5着に敗れて自身初のG1優出は逃したが、見せ場は大いに作った。
今年も1月の常滑でVゴール。その後の多摩川→住之江でも優出を果たしている。上の舞台でも通用する果敢な攻めに期待。

実力確かな渡辺真至も黙っていない。

昨年は12回の優出のうち、2回の優勝。1月の下関では8戦5勝で優勝。2月の常滑では初日から3連対を外さず、抜群の安定感を披露して優勝を飾った。
今年も年明けの常滑で優出を果たすと、2月の多摩川で準優勝。2節前の常滑ではFを切ってしまったが、直前の蒲郡で優出を果たすなど、問題はなさそうだ。
堅実なハンドル捌きでどのコースからでも舟券に絡んでくる。

最後に岡祐臣を挙げたい。

昨年は9回の優出、優勝は2回。
4月にボートレース戸田で開催された「G2モーターボート大賞・戸田巧者No.1決定戦」、9月にボートレース児島で開催された「G1児島キングカップ開設68周年記念競走」で予選突破の活躍を見せた。
今年も年明けの戸田で優出を果たすと、2月の江戸川では準優勝。思い切りのいい踏み込みから、1Mの攻めは実に果敢。こちらも注目したい。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ