ボートコラム

ナミの一般 第16回澤乃井カップ優勝候補予想!|ボートレース多摩川

一般 第16回澤乃井カップ
ナミ
ナミ

いつもご覧頂きありがとうございます!今回も私が軽々と優勝者を的中させてみせますのでどうぞよろしくお願いします♬
今節予想するレースは多摩川の一般戦!第16回澤乃井カップです。
多摩川は私としては関東一予想がしやすい水面。そしてそれは選手にとっても同様であり、おそらく関東一走りやすい水面だと推察できます。
静水面のためダッシュにも勝機のある水面ですので、捲りや捲り差しの得意な選手には注目しておきたいところ。
第16回澤乃井カップの優勝者は、以下の5名の中で決まりです♬

【一般】多摩川:第16回澤乃井カップ優勝者直前予想!

【優勝候補第1位】

【登録番号】3716
【氏名】石渡鉄兵
【級別】A1
江戸川鉄兵の異名をもつ石渡選手。特に日本屈指の難水面である江戸川では凄まじい強さを発揮します。これまでG1を3度制したことがあり、またSGでは5回の優出歴がある実力者としても知られています。
そんな石渡選手の強さの秘訣は安定感!コースごとに展開を捉えて確実に着を残せる堅実さが石渡選手の魅力であると私はみています。
また今節の多摩川では、昨年は4コースからの捲りで見事一般戦で優勝を果たしており、一昨年は多摩川3場所連続優出も決めているなど、相性は悪くはない様子。
さらに今年は1月に得意の江戸川でG1優出を決めており調子も上々。
今節参戦するメンバーの中では随一の実力を誇る石渡選手。否応無しに注目されることが予測されます。
そこは本人が一番わかっていることでしょう。負けられない戦いになりそうです!石渡選手が優勝候補第1位!

【優勝候補第2位】

【登録番号】3984
【氏名】坂口周
【級別】A1
G1優勝歴もある坂口選手。今節参戦するメンバーの中では、1位の石渡選手同様に名前の売れている実力派レーサーです。
これまでSGにも10節参戦。そのうち2節で優出歴があるなど、実に5レースに1レースは優出できる計算となります。
そんな坂口選手の魅力といえば、3コースでの活躍!3コース進入時はたとえ相手がSG級のレーサーであってもキレのある捲り差しで1着を獲れるスキルの持ち主。
一方、ダッシュでの入着率の低さがややひっかかるところ。しかし今節参戦するメンバーの顔ぶれでは、前付けすることである程度の着が狙えるのではと推察できます。
直近のレースでは一つフライングを抱えてしまいましたが、それは経験の差でカバーできると予想。ダッシュの活躍が予想される多摩川ですが、3コース巧者の坂口選手がカド受けとして機能することで、ある程度本命決着のレースも予想されます。是非坂口選手のレースには注目しておきましょう。
経験の差で勝る坂口選手が優勝候補第2位!

【優勝候補第3位】

【登録番号】4754
【氏名】松尾充
【級別】A1
双子レーサーの兄、松尾選手。両兄弟共にA1レーサーとなった実力派です。これまでG1で優出を1回成し遂げています。
そんな松尾選手、魅力はインの安定感とセンターからの捲りないし捲り差し!
特にインでは前期は連対率100%を達成!そのうち逃げは9割以上という抜群の安定感を誇ります。
またセンターは若手らしくキレのあるスタートで連対。1,3,4コースの松尾選手には注目です。
一方、5,6コースになると途端に連対率が下降気味に。アウトでも連対がもっとできるようになればさらに優勝回数が増えるのではと予想します。
今節は多摩川。静水面でダッシュからスタートを決めて捲りにいくことで、連対が増えればグンと得点率も上昇することでしょう。期待できます!
そんな松尾選手が優勝候補第3位!

【優勝候補第4位】

【登録番号】4960
【氏名】黒野元基
【級別】A1
愛知の若手期待のレーサー黒野選手。選手になってまだ5年目ですが、今年ついにA1に昇格した実力ある若手です。
そんな彼の魅力は何と言っても2コースからの差し!若手に似合わず差しが得意!でもその差しで連対率はグングン上昇。さらに過去一度だけですが優勝した際にも2コースからの差しでした!
一方、差しに注力してしまっているせいか、インではやや連対率が下がります。事実、期待を背負って迎えたイン戦で逃げ切れずファンをがっかりさせるシーンも幾度か見受けられました。
今節は走りやすい多摩川。ダッシュからの攻めをどう受け止めるかが課題です。ダッシュからの攻めをつけ止めてインで踏ん張れば、今の実力であれば優出までまっしぐらといけそうな予感。さらに黒野選手、4,5コースでは連対率共に8割!これはかなりの高い数値!期待できます!
そんな黒野選手が優勝候補第4位!

【優勝候補第5位】

【登録番号】3582
【氏名】吉川昭男
【級別】A1
滋賀のベテラン吉川選手。吉川選手の印象といえば、イン屋。相手をみて内側に入ることができればどんどんと入っていくという印象。それで差し残して着を稼ぐことでA級をキープしていました。
そのためダッシュではあまり勝負にならないですし、これまでA1とA2を行ったり来たり。
しかし近年、そのイン屋の経験が実を結んだのか、これまでたまに1節のみSGに出場できていたのが、なんと昨年は自身初となる4節の SGに出場。さらに初優出を果たしたのです!
マスターズ世代になってから飛躍の年を迎えた吉川選手。その勢いは今年に入ってもまだ継続中です。
今年はすでに地元びわこで優勝を飾っている吉川選手。調子は上々な様子。昨年の勢いのまま今年も行けるか注目です!
吉川選手が優勝候補第5位!

予想担当:ナミ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ