ボートコラム

フナゾウのG1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走優勝予想!|ボートレース若松

G1読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース若松で3月13日から開催される「G1読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走」。

豪華メンバーがズラリと顔を揃えて、濃厚な6日間シリーズとなることは間違いなし。激戦必至の優勝戦線を占っていきたい。

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦開設68周年記念競走

優勝候補の筆頭に挙げるのが地元の西山貴浩。

昨年は9月にボートレース徳山で開催された「G1ダイヤモンドカップ」で自身初のG1優勝。
12月にボートレース平和島で開催された「SG第35回グランプリ」にも初出場。
ファイナルまで駒を進めた。今年も「G1江戸川大賞 開設65周年記念」で優勝と絶好調。
しぶといコーナー戦に、時折見せる積極的なコース取り。一皮向けた今なら、堂々の優勝候補。

同じく地元の瓜生正義も気合は十分。

昨年は7月にボートレース鳴門で開催された「SG第25回オーシャンカップ」で優出(3着)の活躍
。続く「開設68周年記念 G1びわこ大賞」では通算2000勝も達成。
今年もボートレース江戸川で開催された「G1江戸川大賞 開設65周年記念」、ボートレース大村で開催された「G1九州地区選手権」で2度のG1優出と調子はまずまず。
こちらはエースとして地元勢を引っ張る存在に。

当然、篠崎仁志も忘れてはならない。

昨年は5月にボートレース住之江で開催された「SG第47回ボートレースオールスター」で嬉しいSG初Vを達成。
11月にボートレース蒲郡で開催された「SG第23回チャレンジカップ」でも優出を果たすなど、充実の一年となった。
昨年以上の活躍が期待される今年だが、まだ目立った活躍はなし。それでも今節は兄の元志の存在は心強い。
優勝だけを目指して奮起あるのみ。

遠征勢からは毒島誠を。

昨年は11月の「SG第23回チャレンジカップ」で自身7度目のSG優勝。
その他にも5月の「SG47回ボートレースオールスター」、10月にボートレース大村で開催された「SG第67回ボートレースダービー」でも優出の活躍を見せた。
F休み明け一発目の多摩川一般戦ではきっちりV。今節は大得意のナイター開催。もちろん期待は大いに高まる。
どこまで大暴れするか楽しみでならない。

最後に挙げたいのが丸野一樹。

昨年は1月にボートレース唐津で開催された「全日本王者決定戦(開設66周年記念)」で自身2度目のG1優勝。
今年も1月にボートレース尼崎で開催された「G1尼崎センプルカップ(開設68周年記念)」でV。
続くボートレース唐津で開催された「G1全日本王者決定戦(開設67周年記念)」でも優勝戦の1枠をゲット。
敗れはしたものの、今年は大きく飛躍の予感が漂う丸野に熱い視線が注がれる。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ