ボートコラム

散人の一般 公営レーシングプレスカップ優勝候補予想!|ボートレース大村

一般 公営レーシングプレスカップ
散人
散人

今のボートレースは基本的にインコースが最強で、実力のある選手が内に入るとほぼ外枠は勝てません。モーターの出力低下が主な理由ですが、持ちプロペラが使えなくなったことでダッシュ専用のペラが使えないのも理由として挙げられます。

今回はボートレース大村で開催される公営レーシングプレスカップの優勝候補を紹介します。イン最強水面大村は、実力者が内に入ると非常に固いレースが展開されます。

実力勝負のイン最強水面!公営レーシングプレスカップの優勝候補は?


・市橋卓士

3連続優出も勝てない展開が続く。ここを優勝して次に繋げたい。

現在3連続優出中だが、優勝戦で勝てていない。過去には1年間に数多くの優勝を達成し、SGにも出走するなどの実力者。今回は相手関係もあまり厳しくないため、持ち味を生かして優勝戦で最内を取れば大きなチャンスとなる。


・渡邊雄一郎

安定した一般戦での強さが武器。内枠で強さを発揮できるか。

一般戦での安定感は非常に高く、上位進出も数多くある。鳴門では優出して結果も出しているが、優勝するまでには至っていない。優勝できる船足に仕上げ、外枠を克服できるかが商店となるだろう。


・柳生泰二

地元の下関で2回の優勝。仕上がり次第で抜けた強さを発揮する。

2月は地元の下関で2度出走し2回とも優勝。優勝戦1号艇をしっかり取りきって逃げ切るレースで勝っている。中国地区選手権は出入りの激しい着だが予選で3勝を上げるなど力のあるところを見せた。仕上がり次第で1着を取り続ける無双パターンもあり得る。


・鳥飼眞

出走数不足でB2に落ちているが実力はA1。展開次第では優勝も。

怪我からの復帰で出走数が足りず今期はB2。実力はA1で安定できるほどの強さがあり、近況でも若松で優出している。まだレース感が戻っていないものの、展開をしっかりつける足に仕上がれば優勝のチャンスはある。


・坪口竜也

地元水面での活躍が光る。今期はA1ペースの勝率もあり実力でも期待十分。

地元である大村を得意としている。前回の大村参戦も優出しており、当地の勝率は6点台中盤をマークしている。現在はA1ペースで勝率を確保するなど、実力面でも期待できる選手。慣れた水面での優勝に注目したい。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

とにかくイン戦で勝てるかどうか。まずはここが焦点となります。その上で実力上位の選手が優勝戦に進んでくるでしょう。メンバーは近況好調の選手もいるため、B級でも上位進出というケースが十分考えられます。

予想担当:散人

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ