ボートコラム

散人の一般 東龍軒カップ優勝候補予想!|ボートレース若松

一般 東龍軒カップ
散人
散人

地区戦が終わるとしばらくG1はありません。そのため主力のA1選手も一般戦を走ります。この影響で2月末はハイレベルな一般戦が開催される地域もあります。

今回はボートレース若松で開催される東龍軒カップの優勝候補を紹介します。ちなみに東龍軒は北九州にあるラーメン店です。

地区戦で活躍した選手が中心?東龍軒カップの優勝候補は?


・中島孝平

一時期の不調は脱出。SG優勝経験者が実力を見せつける。

A2落ちからの不調は脱却しつつあり、近況でも平和島の一般線で優勝している。G1の成績もこれまでよりは良くなっているなど、安定感が戻りつつある。SG優勝の経験もある実力者だけに、安定して上位を取れるなら優勝する可能性は高い。


・中村亮太

再びA1に戻って好調維持。準優勝戦突破が優勝への鍵。

元々実力はあるが、問題を起こして出走停止を受けるなどの影響でA1から遠ざかった時期が長く続いた。A1に復帰してからは好調気配が見られる。G1ではやや物足りないが、一般戦ではしっかり戦えるだけの力を持つ。


・江夏満

地区戦は苦戦しているが一般戦では実力上位。地元水面で優勝したいところ。

九州地区選手権は予選落ち特選しているが、一般戦では宮島で優勝するなど力は見せている。上位安定の成績が取れれば優勝にも期待できる選手。地元だけに有利な番組が組まれる可能性もある。


・下條雄太郎

いい時と悪い時の差がやや激しいのは気になる。調子のいい時は優勝も。

近況は一般戦でもあまりいい結果は出ていない。九州地区選手権では準優勝戦まで進出するなど実力は見せている。調子のいい時は優勝まで行ける可能性が高いものの、調子が悪いと全体的に成績が低調に終わるなどムラが激しい点は気になる。


・山室展弘

元々は実力上位の選手。A2でも安定した成績が出せれば怖い存在。

G1でも通用するほどの実力を持っているが、一般戦を中心に走ることが多かった実力者。近年はA2に落ち成績もやや下降傾向が見られるものの、成績が上位で安定している時もある。元々の実力があるだけに安定してくると怖い存在になる。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

地区選手権である程度結果を出している選手が中心となりますが、他にも実力のある選手が複数いるなど難しいレース。A1の選手が中心となるのは間違いありませんが、A2の選手も仕上がり次第では上位進出の可能性は十分あります。

若松はそこまでA1優遇のレースはないため、単純に力と仕上がりが求められる展開となるでしょう。

予想担当:散人

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ