ボートコラム

散人の一般 平和島劇場開設11周年記念~A1級vs東京支部~優勝候補予想!|ボートレース平和島

一般 平和島劇場開設11周年記念~A1級vs東京支部~
散人
散人

ボートレース平和島は1節を通じた企画レースが多く、変わったレースで楽しめるボート場です。少し前にはダッシュ戦を中心としていた選手を中心としたレースも行われるなど、他のボート場ではできないことに挑戦しています。

今回開催される平和島劇場開設11周年記念~A1級vs東京支部~もその1つです。他の地区から参戦するA1選手と東京支部のB級選手が戦います。このレースを制するのは果たして誰なのでしょうか。優勝候補を紹介します。

実力か地の利か?平和島劇場開設11周年記念~A1級vs東京支部~の優勝候補は?


・上村純一
G1で好結果を残して参戦。近況の調子の良さで勝負。

前節の唐津周年では準優勝戦に進出。3着に終わったが翌日の2レースも結果を残した。好メンバーを相手に結果を出した勢いでこのまま優勝したいところ。安定した結果を残せるレースが展開できればチャンスは十分ある。


・関浩哉

年明けの桐生では好メンバー相手に優勝。フライングのハンデをカバーできるか。

正月の桐生で優勝しているが、この時のメンバーはG1でも活躍している選手もいるなど、今回よりもかなり相手関係の厳しい中での勝利だった。期待されている若手の1人ではあるが、前節フライングというハンデを持っての参戦でスタートに不安がある。


・坂元浩仁

自力は十分。近況は結果が出ていないだけにそろそろ勝ちが欲しい。

少し前まではG1戦線でも活躍していた選手。しかし近年はそこまで結果が出ていない。近況も出入りの激しい着が多くなっている。今回は相手がB級だけとなるため、実力でねじ伏せて優勝戦まで行きたいところ。ダッシュ戦でも結果を出せる力はある。


・江口晃生

実力だけなら最上位。ただフライングとコース適性が大きく影響すると厳しい。

外枠であればとにかくインコースに進入。1コースか2コースのスタートで押し切るスタイルは現在のボートレースに合っている。ここ最近も好調だったが、前節のフライングでスタートを抑える必要が出ている。また、平和島はインが弱いため、イン取りのメリットが他より薄いのも気になる。


・戸塚邦好

B級だが実力はA2級。近況の好調を生かして優勝を狙う。

前期はA2級だったが、勝率不足もありB1に降格。近況の成績は安定して上位を取り続けており、準優勝戦への進出も果たしている。級別では格下のように見えるが、勢いと元々の力を合わせれば優勝も狙える。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

地の利を活かせる東京支部の選手ですが、実力がA1選手に比べて劣る点で苦しむのは避けられません。A1の選手が順当に優勝戦に進んでくる可能性は高いと予想しますが、モーター抽選などが影響して波乱が起きる可能性もありそうです。

予想担当:散人

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ