ボートコラム

フナゾウの一般 ボートレースレディースVSルーキーズバトル優勝予想!|ボートレース常滑

一般 ボートレースレディースVSルーキーズバトル
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース常滑で2月3日より開幕する「ボートレースレディースVSルーキーズバトル」。
タイトル通りに女子レーサーと、若手の男子レーサーが火花を散らす楽しみな一節。激戦必至の戦いに目が離せない。

一般 ボートレースレディースVSルーキーズバトル

優勝候補の筆頭にはルーキーから宮之原輝紀を挙げたい。

2020年は10回の優出のうち、優勝は1回。10月にボートレース平和島で開催された「G1開設66周年記念トーキョー・ベイ・カップ」で優出(4着)の活躍。
6月にボートレース大村で開催された「G1開設68周年記念 海の王者決定戦」、9月にボートレースびわこで開催された「第7回ヤングダービー」でも予選突破の活躍。
ポテンシャル高い宮之原に熱視線を送りたい。

レディースからは寺田千恵を挙げる。

2020年は10回の優出、2回のV実績。その内の1回は、11月にボートレース蒲郡で開催された「G2レディースCC」によるもの。
3コースから冷静に差し抜けに成功。その優勝で、年末にボートレース浜名湖で開催された「G1第9回クイーンズクライマックス」の出場権を手にした。
まだまだ若手選手にもヒケを取らない。女子のV筆頭候補には、この寺田を挙げたい。

ルーキーの栗城匠も成長著しい若手の一人。

2020年は9回の優出、2回の優勝。1月にボートレース尼崎で開催された「ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメント」ではポールポジションをゲット。
悔しい結果に終わったが、強豪達にも一歩もヒケを取らなかった。その3ヶ月後の4月に、ボートレース平和島で初優勝。
どのコースからでも常に上を目指す走りには好感が持てる。将来が楽しみな選手の一人だ。

レディースの中村桃佳もV戦線に名乗り。

産休の長期欠場を経て、復帰した2020年は4回の優出の内、1回の優勝。
6月の大村で久しぶりの優出を果たすと、8月にボートレース宮島で開催された「ヴィーナスシリーズ第12戦第6回マクール杯」では大外から突き抜けて、久々の勝利の美酒に酔いしれた。
A1復帰こそならなかったが、地力は周知の通り。男子顔負けの強気なレースで、今節も意地を見せたいところ。

最後にルーキーから井上忠政を。

2020年は5回優出、優勝はなし。ただ2021年の前期に自身初のA1昇格も決めるなど、今勢いに乗っている。
「第7回ヤングダービー」では自身初のG1出場。事故の影響もあり、予選突破こそならなかったが、節間4勝をマークするなど存在感をアピール。
迷いのない思い切りのいい走りは、ダッシュからでも1着を秘める。2021年はもう一皮向けても。今節はV候補の一角を担う。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ