ボートコラム

散人の一般 サンケイスポーツ旗争奪 GSS競走優勝候補予想!|ボートレース住之江

一般 サンケイスポーツ旗争奪
散人
散人

ボートレース場によって開催日程は変わりますが、最近見れるのが7日間開催です。1週間という長い期間で開催することで、好調な選手を見分けやすくなります。また、実力勝負になりやすい傾向もあります。

今回はボートレース住之江で開催されるサンケイスポーツ旗争奪 第63回GSS競走の優勝候補を紹介します。7日間という開催で比較的強いメンバーが揃ったレースとなります。

7日間の長丁場!サンケイスポーツ旗争奪 第63回GSS競走の優勝候補は?


・守田俊介
トップクラスの実力で圧倒的な成績を上げる可能性も。前節で復調気配あり。

一般戦は頭1つ抜けた実力があるものの、年末年始開催は微妙な成績に終わる。前節の児島3日間はファイナルに進出できなかったものの3勝をマーク。復調気配が感じられる。仕上がり次第では圧倒的な成績で優勝する可能性もある最有力候補。


・秦英悟

やや成績が不安定だが好調なら圧勝も。前節の勢いそのままに連続優勝を狙う。

年末のびわこは散々な成績で終わったが、年明けの浜名湖でオール2連対、節間7勝を上げて優勝した。序盤から好調であれば優勝できる可能性は高くなる。前節のいい状態をそのまま持ち込み、地元で優勝したいところ。


・山崎哲司

安定して優勝戦に進出してくる実力者。優勝戦に進めば怖い存在。

ここ最近で2度優勝戦に進出、いずれも2着と好走している。前節は妨害失格の影響で厳しい展開となったが、それでも安定して上位の成績を残していた。一般戦での安定感と優勝戦でも上位に食い込む実力は要注意。


・春園功太

A2に落ちるも実力は上位。強敵の多い1節で結果を出したい。

A1としてレースに出走したものの、勝率が落ちてしまいA2に転落。半年はA1復帰を目標としてレースに出続けることとなる。今回は相手がやや強いものの、G1級のレースでもそれなりに成績は出してきた。実力はこのメンバーでも上位。


・高橋正男

安定した成績が魅力も大きな着も多い。上手にまとめれば優勝も。

一般戦では安定した結果を常に出しているが、6着を取る傾向が少し多いのかなかなか優勝戦に進めない。安定して結果を出せば優勝戦まで進出するチャンスは十分ある。一方で序盤に崩れると厳しい展開になる。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

7日間開催は実力に加えて仕上がりも求められます。終盤に向けてしっかり仕上げ、上位進出を狙える選手が優勝戦に進んでくるでしょう。住之江はあまりシード戦が無く、平等に枠を振り分ける傾向があるため、仕上がりのいいB級でも上位のチャンスは十分あります。

予想担当:散人

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ