ボートコラム

ナミの一般 第47回松竹杯競走優勝候補予想!|ボートレース鳴門

一般 第47回松竹杯競走
ナミ
ナミ

いつもご覧頂きありがとうございます!
グランプリは峰竜太選手の圧巻の逃げで幕を閉じた2020年。。。幕を閉じた!?まだまだ競艇は終わりません♪競艇は365日やってます!!
この度予想するレースは第47回松竹杯競走です!
舞台は鳴門。元来難水面で知られていましたが、近年はそうでもありません。しかし荒れる時はとことん荒れる!

水面は海水ですが防波堤の影響でうねりはけいげんされています。年中風が吹くので風向きに注意!そしてポイントは鳴門の花道!6コースに注目です!
第47回松竹杯競走以下の5名の中で決まりですよ♬

【一般】鳴門:第47回松竹杯競走優勝者直前予想!

【優勝候補第1位】

登録番号:4028
氏名:田村隆信
第85期
銀河系軍団の一人、田村選手。毎年のようにSGに出場し活躍する選手です。これまで3つのSGを獲っているタイトルホルダーでもあります。
SG初出場を果たしてから早く18年。その間、毎年のように優出を果たしていることからも、自力の違いを見せつけてくれます。
魅力は切れ味鋭い捲り差し!奇数号艇での進入時には特に注目です。
またどんなコースからでも着が取れる自在派でもありますので基本は常に注意しておいた方が賢明でしょう。
今節は地元!前付けの可能性もアリアリです!
徳島の稼ぎ頭筆頭である以上、プレッシャーもあると推察されます。そのプレッシャーをいかに跳ね飛ばすかにも注目です!
文句なし!田村選手が優勝候補第1位!

【優勝候補第2位】

登録番号:4757
氏名:山田祐也
第112期
徳島の若手注目レーサー山田選手。これまで3本のSGに出場歴がある実力派です。
今年は2月にG1の地区戦にて1号艇で優出を果たし、残念ながら捲り差しを決められ2着に終わりましたが大健闘を魅せてくれました。
魅力はダッシュ!スタートを決めて間隙を突く捲り差しは脅威です!インでも逃げの信頼度は高く、90%近い逃げ率を叩き出しています。
今節は走りなれた地元水面です。若手のため前付けすることは想定しづらい一方、ベテラン先輩レーサーにはコースを譲るシーンが多くなることが想定されます。
そこを持ち前のスタート力でガンガン捲っていくシーンが期待できます。
鳴門での2連対率は5割以上!連から外す予想はむしろリスクです!そんな山田選手が優勝候補第2位!

【優勝候補第3位】

登録番号:3562
氏名:山下和彦
第70期
広島のベテランレーサー山下選手。これまで20本以上のSGに出場歴のあり、G1全日本を制したこともある実力者です。
一時期はA2落ちを経験しましたが、再びA1に返り咲き。今年は1年を通してA1の座をキープすることができました。
魅力は丁寧な走り!1周1マークの展開をしっかり読み取り上位着をキープし続けて、着実に得点率を上げていきます。そしてここぞというところでスタートを決めて捲りにかかるシーンがとても印象的です。
今節は鳴門。鳴門では昨年に1レースのみ参戦。その際にも予選はオール3連対で優出を果たしています!
丁寧ゆえ、1着が少ないことがやや気になりますが、今節もベテランらしい走りでファンを魅了してくれることでしょう。
期待できます!山下選手が優勝候補第3位!

【優勝候補第4位】

登録番号:4063
氏名:市橋卓士
第86期
これまで19本のSG出場歴のある市橋選手。市橋選手もまた、田村選手同様に今の鳴門を牽引する選手の一人です。
そんな市橋選手ですが5年は毎年のようにSGに出場していましたものの、昨年までは出場したのみで波に乗り切れなかったのか、満足のいく結果ではなかった様子。
しかし!今年に入って再び爆発。5年ぶりにSGモーターボート大賞で優出を果たし、また他2本の
SGで優出を果たすことができたのです。
つまり今年は登り調子。地元鳴門では直近3ヶ月に3本のレースに出場し、3連続優出を果たしていますので今月も順当に優出まで駒を進めてくる可能性大!
あとは同じ地元の強豪をどう掻き分けて優勝するか。目が離せません!そんな市橋選手が優勝候補第4位!

【優勝候補第5位】

登録番号:4685
氏名:島村隆幸
第109期
今年は優勝ラッシュだった島村選手。自身初の5本のレースで優勝を飾るなど好調ぶりを発揮していました。
魅力は逃げの安定感!インのスタート平均はコンマ11、そして逃げ率は9割を超えるなど、インコースではファンの期待にしっかりと答えてくれます。もう一つ、かねてから4コースの捌きは目を見張るものがあり、ガンガン捲る姿はとても印象的です。
その一方で、やや5,6コースの入着率が低いのが不安要素。展開をついて狭いところを割って入るスキルがいまひとつといった印象。
しかし!今節は走りなれた鳴門!さらに鳴門はセンターポール付近にぐんぐん伸びる鳴門の花道があると言われています。事実、昨年のG1大渦大賞に参戦した島村選手は6コースから連帯歴あり!
展開次第では島村選手にも勝機が巡ってくることが推察できます!
そんな島村選手が優勝候補第5位!

予想担当:ナミ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ