ボートコラム

フナゾウの一般 テレビ愛知杯争奪 2020Xマス&ファイナルカップ優勝予想!|ボートレース蒲郡

一般 テレビ愛知杯争奪 2020Xマス&ファイナルカップ
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース蒲郡で12月23日から開催される「テレビ愛知杯争奪 2020Xマス&ファイナルカップ」。
熱戦を繰り広げたGPも終わり、いよいよ一年が幕を閉じようとしている。好メンバーの争いに目が離せない。

テレビ愛知杯争奪 2020Xマス&ファイナルカップ

断然の優勝候補に挙がるのが太田和美だ。

2月にボートレース尼崎で開催された「G1第63回近畿地区選手権競走」で、オール3連対でVゴール。他を寄せつけない圧巻の走りを見せつけた。
8月にボートレース下関で開催された「SG第66回ボートレースメモリアル」では、予選突破の活躍。今年は8回の優出、V3。
太田の実力を考えるとやや物足りなく映るが、近況の調子時代は悪くない。ならば圧倒的強さでVロードを突き進む。

当地はSGV実績ある佐々木康幸が対抗格。

4月にはボートレース津で開催された「G1第21回マスターズチャンピオン」にも出場。
凡機に苦戦し、予選突破こそならなかったが、随所に存在感を示した。
一般戦では、1月のびわこでVゴールを果たすと、6月の津、9月の桐生でも優勝を果たしている。近況も2節連続優出中と好調ムード。
3コースから鮮やかな捲り差しを決めてSG初Vを決めたメモリアル水面で、大暴れは必至だろう。

攻撃力ある若林将もV候補の一角に。

3月に地元のボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」で、自身3度目のSG出場。
予選突破とはならかったが、初戦に白星をマークした。
9月にボートレース常滑で開催された「G2モーターボート大賞~昭和VS平成~」では未勝利ながらも着をまとめ、予選突破。
ここまで3優出と、例年になく少ない数字だが、勝率はしっかり。波に乗れば持ち前のST攻勢が怖い。

当然、伊藤将吉も注目の存在。

今年は年明けの若松から、いきなりオール2連対で優勝。
9月にはボートレース住之江で開催された「G1第48回高松宮記念特別競走」に出場。初戦から3枠で白星を挙げると、その後も大崩れなく着をまとめて予選を突破。
準優勝戦でも2着に食い込み、自身初のG1優出を果たした。2節前の三国では、4コースから捲り差しを決めて今年2度目のV。コースを問わない一発力には警戒が必要。

最後に濱崎直矢を挙げたい。

3月のびわこでは、3コースから捲り差しを決めて優勝。
今年は9回の優出のうち、優勝はその1回のみだが、4月の平和島、6月の戸田、6月の住之江と、3節で優勝戦のポールポジションを掴んでいた。
敗れはしたものの、予選道中は白星を量産。夏場以降、やや調子を落としていたが、ここ2節は平和島→尼崎と連続優出中。
この濱崎も迫力のST戦が持ち味。パワーの裏付けがあれば、その破壊力は増すはずだ。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ