ボートコラム

散人の一般 アペックス杯競走優勝候補予想!|ボートレース鳴門

一般 アペックス杯競走
散人
散人

12月はG1が少ないため、実力のある選手が一般戦で走ります。地元の一般戦からグランプリへ出走する選手も数多く、12月の中旬は短期開催のレベルがとんでもないこともあります。

今回はボートレース鳴門で開催されるアペックス杯競走の優勝候補を紹介します。今回はある選手が参戦するため、この選手を中心にレースは展開されていくことでしょう。

主役はやっぱりあの人?アペックス杯競走の優勝候補は?


・興津藍
今回の大本命。一般戦での勝率は驚異的。

一般戦に限れば最も安定して結果を出す選手と言える。オール3連対は当たり前で、優勝回数もかなり多い。近況では鳴門の男女W優勝戦で優勝している。今回も地元の主役として優勝に近い活躍が求められる。


・上田龍星

知名度は全国区になりつつある。強力な相手にどう戦うか。

ルーキーシリーズの枠を超え、G1でも名前を見かけることが多くなっている。実力のあるところも十分に示しており、一般戦では優勝できる力がある。対抗格としての期待が集まるものの、今回はやや実力のあるメンバーが揃う。仕上がり次第で展開は変わる。


・石川真二

とにかく前付けを狙って勝負。インが逃げやすい水面になればチャンス。

外枠どころか4枠でもイン取りを狙う選手。展開次第では大外枠でもイン戦が期待できるため、抵抗してくる選手がどれくらいいるかも重要になる。鳴門はインが逃げやすい水面となる場合もあるため、前付けが功を奏すると優勝もある。


・柏野幸二

安定した成績が魅力。2ヶ月ぶりのレースとなるため感覚を取り戻せるかが鍵。

安定した成績で一般戦の活躍が光る。G3でも多くの結果を出している選手だが、10月のマスターズリーグで落水して休養していた。今回は2ヶ月ぶりのレースとなるため、レース感が取り戻せるかが重要になる。


・西野翔太

事故がなければ優勝戦線に食い込む実力はある。事故は避けたいところ。

元々実力のある選手で、A1付近の成績を数多く残している。近況だけでも転覆が2回あるなど事故に泣かされている傾向があり、その影響で成績が不安定に。事故を避けていい結果を出し続ければ優勝のチャンスはある。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

一般戦で大崩れしない成績を残し、勝率もこの中では圧倒的に高い興津が大本命となります。それに対抗できる選手が果たしてどれだけいるのか、ここが優勝戦線を面白くする要素となるでしょう。いい仕上がりを実現できる選手がいれば、大本命が崩れる波乱の展開があるかもしれません。

予想担当:散人

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ