ボートコラム

フナゾウの一般 スポーツニッポン杯争奪 蒲郡ボート大賞優勝予想!|ボートレース蒲郡

一般 スポーツニッポン杯争奪 蒲郡ボート大賞
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース蒲郡で12月5日から開催される「スポーツニッポン杯争奪 蒲郡ボート大賞」。
7日間というロングシリーズに好メンバーが集結。混戦漂うV戦線の方を占っていきたい。

一般 スポーツニッポン杯争奪 蒲郡ボート大賞

優勝候補筆頭には久田敏之を挙げる。

先日、ボートレース蒲郡で開催された「SG第23回チャレンジカップ」に出場。
3日目に連勝を決めるなど、優勝戦まで駒を進めた。優勝戦こそ3着に敗れたが、しっかり存在感を見せつけた。
記念戦線でも、2月の戸田G1、3月のびわこG2、4月の下関G1、10月の桐生G1で優出。
ここまで17回の優出を数え、2度のV実績。当然、今節も抜群のハンドルワークを駆使してV戦線を牽引。

佐藤翼もV戦線の一角を担う。

こちらは10月にボートレース大村で開催された「SG第67回ボートレースダービー」に出場。
好パワーを武器に大暴れ。予選、準優勝戦と突破し優出に成功。優勝戦では大外から3着に絡むなど、大健闘の一節だった。
その他では5月の地元戸田、続く浜名湖と連続優勝。7月の地元戸田でも再びVを飾るなど、今年V3。
艇界でもトップクラスのスピード旋回を武器に、今節も駆け抜ける。

当然、池永太も忘れてはならない。

2月の蒲郡では2コースから差し切って今年初優勝。5月の蒲郡でも2日目後半から5連勝で優出を果たすと、優勝戦では4コースから捲り差しを決めてV。
前節、ボートレース津で開催された「G1開設68周年記念 ツッキー王座決定戦」では未勝利ながら予選を突破。
準優勝戦でも大外から3着に食い込むなど、見せ場は作った。今年V2の実績を誇る相性抜群の水面で躍動は必至だろう。

永田秀二も注目したい存在。

2月のボートレース戸田で開催された「G1第65回関東地区選手権」では、3勝を挙げて予選を突破。
準優勝戦では0.03のSTを決めて逃げ、ポールポジションを掴んだ優勝戦でも0.01の強STを決めて自身初のG1優勝を成し遂げた。
10月に地元ボートレース平和島で開催された「G1開設66周年記念トーキョー・ベイ・カップ」でも準優勝。一皮向けてきた印象ある永田に今節も熱視線。

最後に野添貴裕を挙げたい。

7月にボートレース尼崎で開催された「G2尼崎モーターボート大賞~まくってちょ~うだい!!~」では、大崩れない安定した走りで準優勝。
3月の江戸川では、5コースから冷静に差して今年初V。2節前の地元住之江では、開幕から3連勝を含む、10戦7勝と素晴らしい勝ちっぷりを見せて、今年2度目のVを飾った。
ベテランの域になるが、確かなコーナー戦でV戦線を賑わせる。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ