ボートコラム

ナミのG3 酒の聚楽太閤杯優勝候補予想!|ボートレース唐津

G3 酒の聚楽太閤杯
ナミ
ナミ

当サイトをご覧くださっている皆様!いつもありがとうございます!
競艇歴18年の私が今回も優勝者予想を的中させて参ります!
さて、今回予想するレースの舞台は唐津。G3です!
今回の大会は実力が拮抗していてとても難しい大会となることが予測されます。
しかし!そんなときこそ私の本領発揮!
また唐津は淡水でプール。体重や外の実力も考慮に入れる必要があります。
ズバリ!G3酒の聚楽太閤杯の優勝者は、以下の5名で決まりですよ♬

【G3】唐津:酒の聚楽太閤杯優勝者直前予想!

【優勝候補第1位】

登録番号:4459
氏名:片岡雅裕
第101期
これまでSGでの優出歴もある片岡選手。もともと自力のしっかりした選手です。
スタート力もあり、どんなコースからでも着が取れる自在派です。
特徴はイン戦の強さ!なんと入着率は100%であり、そのうち逃げによる1着率は9割を超えると想定されます。そのためまず今節で片岡選手がインに構えた際には、逃げを第一候補とすると良いでしょう。
今年は後半戦に入って毎月のように一般戦で優勝を飾っています!10月の一般戦で1ほんの3着をのぞいて、オール2連対で圧巻の優勝を飾っています。つまり調子は上昇ムード!
一方、不安要素としては唐津との相性。出走経験がさほど多くはなく、直近では昨年7月の一般戦のみ。準優止まりとなっていましたがどうやら機力が不十分だった様子。
しかし決して苦手水面ではなさそう。事実、5年前には唐津の一般戦で優勝を飾っています!
今節は登り調子な中ですし、優出までは持ってきそうな予感。
そんな片岡選手が優勝候補第1位!

【優勝候補第2位】

登録番号:4604
氏名:岩瀬裕亮
第106期
愛知のエース的存在の岩瀬選手。これまでSGにも出場歴があり、G1では優出の経験もある実力者です。
魅力はスタート力!スローでの入着率もさることながら、ダッシュからの捲りはとてもダイナミックでファンを魅了させてくれます。
今年はこれまでの岩瀬選手にとって過去最高となる一般戦で8本の優勝を飾るなど、調子の良さを伺わせます。
それだけではありません。最直近の前節G1ツッキー王座決定戦では優出し3着という好成績を納めました!現在絶好調と言えるでしょう。
また唐津との相性もかなり良さげ。今年の2月では優出こそ逃したものの、オール3連対をキープ。さらに9月には優出しています!
一方で不安なのはやや差しの実力に課題がある様子。そのため2,4コースではあまり信頼度が高くありません。
差しさえ極めれば、一気に優勝までいけそうな予感!
そんな岩瀬選手が優勝候補第2位!

【優勝候補第3位】

登録番号:4013
氏名:中島孝平
第84期
言わずと知れた賞金王レーサー、中島選手。その賞金王以降はSG優勝からは遠ざかっていましたが、2018年にはSGオールスターを獲得。その後は絶不調によりまさかのA2落ちとなっていましたが、今年に入って再び上昇ムード。徐々に強い中島選手がみられるようになってきました。
その証拠に、今年はG1以上での優出や優勝こそないものの、それは不調から脱したばかりでSGに出場していないため。G2では着実に3本の優出があるのです。
それだけではありません。直近のG1ツッキーでは4本の1着をとっていました。感覚が戻りつつあるとみてよいでしょう。
唐津では2018年以降、出場しておらず久々の登場となりますが、期待して良いでしょう。
そんな中島選手が優勝候補第3位!

【優勝候補第4位】

登録番号:3904
氏名:山口裕二
第81期
これまで二度の大怪我を乗り越え、再びA1に復帰した苦労人である山口選手。またSG出場経験もある自力がしっかりした選手です。
そんな山口選手の魅力は何と言っても差し!丁寧な走りで外からの引き波を綺麗に躱し、狭いところをドスンと差す走りが観ているファンに安心感さえ与えます。
なんとその差しで怪我から復帰後、実に2年3か月ぶりに一般戦で優勝したのがつい先日まで行われていた地元大村での一般戦でした。その際の成績はオール3連対!着実に本来の強い山口選手に戻ってきているとみて良いでしょう。
今節はその時の大村のような強い山口選手を期待したいところ!山口選手が優勝候補第4位!

【優勝候補第5位】

登録番号:3906
氏名:赤岩善生
第82期
愛知、蒲郡の猛者、赤岩選手。SGのタイトルホルダーであり、これまで6本のG1を制している実力者です。
特徴はここ数年目立つようになった前付け!多少強引にでもどんどんと内よりのコースを奪いにいき、巧みなターンで着をとる姿をよく目にするようになりました。
一方、前付けしたところで着外となるシーンもやや目立つようになってきた感じが否めません。
事実、昨年まではG1や一般戦で年に数本はコンスタントに優勝を重ねていましたが、今年は久々にまだ1本の優勝にとどまっております。そのためあまり調子が良いわけではなさそうです。
しかし!今節は唐津。赤岩選手は本年初旬、唐津G1全日本で優出こそ逃したものの、オール3連対で見事な成績を残していました。また、直近3年の成績をみても決して悪くはありません。
そのため相性は良いとみて良いでしょう。
年1回の優勝では終われない!今節の赤岩選手に期待しましょう。優勝候補第5位!

予想担当:ナミ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ