ボートコラム

散人の一般 住信SBIネット銀行賞優勝候補予想!|ボートレース徳山

住信SBIネット銀行賞
散人
散人

11月から2021年前期に入るボートレース。これまでの成績がリセットされ、次の期末である4月までの長い戦いが始まります。また、11月から男子選手は最低体重が52キロに引き上げられます。

今回はボートレース徳山で行われる住信SBIネット銀行賞の優勝候補を紹介します。最低体重の引き上げや男女混合戦という波乱要素はありますが、優勝を掴むのは誰なのでしょうか。

若手の活躍が期待できる一節!住信SBIネット銀行賞の優勝候補は?


・古澤光紀

フライングのハンデはあるが一般戦では実力上位。いい形で休みに入りたい。

前節の福岡では安定した結果を出して優出。G1でも徐々に結果を出しつつある。ただ、児島G1でフライングを切っており、事実上フライング持ちの状態。この後で休みが入るため、いい結果を出して休みに入りたいところ。


・松田大志郎

調子のいい時は連勝で優勝戦好枠も。調子の悪い時は不安定な成績が気になる。

2節前の福岡では優勝戦1号艇を得たものの2着に敗れている。道中の成績は節間9勝と非常に良かったがこれでも勝てなかった。調子のいい時はいい形でまとまるため、優勝のチャンスは十分にある。ただ仕上がりが悪いと不安定な成績で予選落ちもある。


・一宮稔弘

外枠でもしっかり結果を出せる強みが武器。準優勝戦の突破が鍵。

年齢を重ねても外枠でしっかり上位に入れるスタートとターンが魅力。10月のびわこでは4号艇からまくりで優勝しており、優勝戦に出てくると外枠でも怖い存在。準優勝戦を突破できれば、優勝の期待は高まる。


・竹井貴史

一般戦では上位着も多いが沈む時も多い。安定した時は要注意。

ここ最近は1着2着も多く取っているが、6着に負けるケースも多く、優勝戦に進出できずにいる。丸亀で優勝戦に進出した際は6着こそあったが、それ以外は3着以内にまとめている。安定して上位を取れれば優勝できるチャンス。


・青木玄太

やや不安定な成績だがA1クラスの実力でチャンスを見出す。

元々A1を取れるほどの実力者。近況はやや出入りの激しい成績を出しているが、上位着も安定して取れるようになっている。実力はあるだけに安定してくると優勝のチャンスも。下位を取らなければ期待できる選手の1人。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

今回は女子選手もそれなりに強い選手が参戦しているため、女子選手にも注目したいところです。ただ、男子選手はそれ以上に若手が強く、なかなか上位進出は難しいのではないかと予想します。

徳山はモーニングレースでシード戦が多く、A級は圧倒的に有利な立場でレースができます。B級の躍進はモーター抽選次第となりそうです。

予想担当:散人

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ