ボートコラム

フナゾウの一般 BTS長崎時津開設記念優勝予想!|ボートレース大村

BTS長崎時津開設記念
フナゾウ
フナゾウ

10月31日からボートレース大村で開催される「BTS長崎時津開設記念」。
ベテランから若手まで楽しみな選手がズラリと揃った。「SG第67回ボートレースダービー」直後の今節。
当然エンジンの方にも注目していきたい所。

BTS長崎時津開設記念

地元の石橋道友が遠征勢を迎え撃つ。

今年は5月にボートレース芦屋で開催された「G1読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設68周年記念」に出場。好エンジンを手にして初日から快走。
シリーズ4勝を挙げて優出。2枠で挑んだ優勝戦では悔しいFに泣いたが、G1初制覇まであと一歩に迫った。前節の下関でも優勝戦の1枠だったが、準優勝。
調子こそ良いとは言えないが、地元大将として負けられない。

ベテランの吉川昭男も注目の存在。

今年は3月にボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」で久々のSG出場。
辛くも予選突破を果たすと、迎えた準優勝戦では前付け策から波乱を演出。自身初のSG優出を決めた。
惜しくも準優勝に終わったが、全国にその名をアピール。近況は5節中4優出、V3と絶好調モードだ。今節もコース取りから存在感。内寄り奪取から豪腕発揮へ。

谷村一哉も黙っていない。

今年は8月に地元のボートレース下関で開催された「SG第66回ボートレースメモリアル」に出場。
初戦で勝利を飾ると、大崩れのない成績で予選を突破。準優勝戦では大敗に敗れたが、最終日もきっちり着をまとめて、存在感を示した。
今年は優勝こそないが、9回の優出を数える。悪いなりにも、常に着順をまとめてくる安定感は今でも健在。今節もコース問わず注目したい。

吉村正明は今年V6を目指しての戦い。

今年は3月の下関を皮切りに、4月の宮島、7月の徳山、同月の唐津、9月の徳山でV実績。
2月にボートレース宮島で開催された「G1第63回中国地区選手権」では、初日から安定感ある走りを見せて優出(6着)。
その他のG1戦でも予選突破を果たすなど、活躍を見せている。今年V5が示すように、一般戦では決定力の高さが際立つ。抜群のハンドル戦で今節もV争覇圏。

最後に村松修二を挙げたい。

今年は2月にボートレース宮島で開催された「G1第63回中国地区選手権」でG1発優出、初優勝の快挙達成。
5枠で迎えた大一番、思い切った攻めを見せて嬉しい優勝を掴み取った。その優勝も含めて今年はV4。
約3ヶ月振りの出場となった前節でも優出を果たすなど、レース勘の方も問題はなさそうだ。
当地は2月に13戦10勝と圧巻の勝ちっぷり。今節も思い切った走りに期待したい。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ