ボートコラム

フナゾウの一般 スカパー・ブロード・キャスティング杯優勝予想!|ボートレース戸田

スカパー・ブロード・キャスティング杯
フナゾウ
フナゾウ

10月29日よりボートレース戸田で開催される「スカパー・ブロード・キャスティング杯」。
実力者がズラリと揃って楽しみな一節になりそう。個性派や女子レーサーにも注目したい。

スカパー・ブロード・キャスティング杯

優勝候補筆頭は地元の中田竜太だ。

今年は年明けの地元戦を4コースから捲り差しで制覇。5月にはボートレース住之江で開催された「SG第47回ボートレースオールスター」に出場。
予選突破を果たして、存在感をアピール。前節の芦屋では抜群の安定感で今年2度目のVゴール。上の舞台でも揉まれて、成長を続ける埼玉期待の星。
今年3度目の優勝を目指して、今節は地元大将格としてV戦線を引っ張って行く。

対抗格には松田祐季を挙げたい。

今年は6月にボートレース宮島で開催された「SG第30回グランドチャンピオン」にも出場。
予選で2勝を挙げて、予選突破。大外枠で出場した準優勝戦でも見せ場は作った。その他では2月の当地、7月の江戸川でV実績。
2月の前回戦は、開幕から5連勝を飾ると、その後も白星を重ね、10戦8勝と圧巻の勝ちっぷりを見せた。切れ味鋭いハンドル捌きで、今節も1Mの混戦を突破へ。

地元の金田諭も黙ってはいない。

2020年前期はB1降格もあったが、直ぐにA1へカムバック。今年唯一の優勝は8月に当地で開催された一般戦。
初日の選抜戦の1枠こそ4着に敗れたが、2日目から怒濤の巻き返し。2,4日目を連勝で予選5勝をマークでトップ通過。
準優、そして優勝戦でもしっかり逃げ切って今年初Vを飾った。当地前回でも優出と、地元戦ではしっかり結果を出してくる。鋭いST戦に注目したい。

実力確かな今泉友吾もV戦線に顔を出す。

今年は1月にボートレース浜名湖で開催された「G1浜名湖賞 静岡県知事杯争奪戦 開設66周年記念競走」に出場。
エース機を手にして、予選をオール3連対で突破。準優勝戦では惜しくも3着に敗れたが、上の舞台もやれることを証明。
一般戦では3月に地元の平和島で、10戦8勝の圧勝劇。仕掛けこそ慎重だが、コーナー戦は確か。今節もしぶとい走りで存在感を見せる。

最後に内堀学を挙げたい。

2020年の前期ではA2降格を喫したが、直ぐにA1へ復帰。自身初の7点勝率に乗せて、成長ぶりを見せた。
今年は優勝こそないが、優出は9回を数える。1月の多摩川から4節連続優出もあった。
ボートレース大村で3月に開催された「G2第23回モーターボート誕生祭~マクール賞~」、7月の「G2ボートレース発祥地記念第24回モーターボート誕生祭」では予選突破。
ダッシュからでも一発力を秘めるだけに一発警戒。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ