ボートコラム

散人のG1 赤城雷神杯優勝候補予想!|ボートレース桐生

G1 赤城雷神杯
散人
散人

10月以降は天候が変わりやすく、調整は難しくなります。選手も天候に合わせて調整させる技術が求められますが、特にG1以上のレースでは重要になります。

今回はボートレース桐生で行われるG1赤城雷神杯の優勝候補を紹介します。難コースの桐生に加えて、天候が変わりやすい季節に入ったことが大きな影響を及ぼすか注目されます。

難コースを制するのは?G1赤城雷神杯の優勝候補を紹介!


・毒島誠

地元のエース。期待に応えられるか注目。

地元のエースとして全国区で活躍。SGでも安定した結果を残し、信頼度も高い。地元のG1で期待も厚く、ドリーム戦1号艇を手にしている。優勝のチャンスは大いにあるが、6号艇の成績がかなり悪いのは気になる。克服できるかが鍵。


・石野貴之

F2だがグランプリに向けて負けられない1戦。リセット後はスタートも行きやすいか。

ダービーでまさかのフライング。F2となってしまいスタートで無理できない。ただ、フライング以降はダービーでも結果を出しており、高配当を提供している。F2を背負って10月末まではレースをすることになるが、11月になればリセットされるためそれまでの成績次第でチャンスあり。


・篠崎仁志

今年は大活躍。近況もG1の優出多数で期待十分。

兄以上に今年は活躍しており、近況でも平和島で優出している。勝率も非常に高く、G1以上でも安定して準優勝戦までは進んでくる。安定性という部分では他の選手よりも期待できる。モーター次第では優勝候補筆頭に。


・徳増秀樹

SG優勝後は安定して結果を出している。前付けできる柔軟性も有利。

今年に入りグランドチャンピオンでSG初優勝。その後は以前よりも成績が安定するようになり、悪い時でもそこそこ結果を出している。いい仕上がりがあれば優勝戦に進んでかき回す可能性もあり、外枠でも期待できる。前付けで勝負できるのは有利。


・西山貴浩

ムラはあるが結果が出た時は強い。序盤の成績が良ければチャンスあり。

徳山のダイヤモンドカップでG1初制覇。ダービーではモーターに手を焼き苦戦したが、仕上がりがいい時は手を付けられないほどの強さを見せる。序盤からいい成績を出す時は要注意。レース以外のパフォーマンスで高く評価されるが、レースの安定感にも注目して欲しい。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

11月に入るとフライングなどの成績がリセットされ、スタート行けなかった選手が少しだけ踏み込んでくる可能性はあります。今開催の4日目からリセットの対象となるため、4日目からはスタートの印象が変わってくるかもしれません。後は天候に合わせた調整が鍵を握るでしょう。

予想担当:散人

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ