ボートコラム

フナゾウの一般 ヴィーナスシリーズ第15戦常滑シンデレラカップ優勝予想!|ボートレース常滑

フナゾウ
フナゾウ

10月24日よりボートレース常滑で開催される「ヴィーナスシリーズ第15戦常滑シンデレラカップ」。
常滑の水面に華やかなレディース達がズラリと集結。熾烈な戦いに目が離せない。

常滑シンデレラカップ

優勝候補の筆頭には守屋美穂を挙げたい。

今年は8月にボートレース多摩川で開催された「G1第34回レディースチャンピオン」で準優勝。
V戦の1枠だっただけに悔しい結果に終わったが、シリーズを引っ張った存在だった。その他では1月の江戸川、7月のびわこ、9月の若松で優勝。
全て1号艇以外での優勝と、どのコースからでも侮れない。女子の中ではトップクラスの調整力で、今節もV戦線を盛り上げる。

実力確かな平山智加も当然優勝候補の一人。

守屋が準優勝に終わった「G1第34回レディースチャンピオン」で優勝を飾ったのがこの平山。2コースから豪快に捲ってのV奪取だった。
その他では2月の尼崎、3月の常滑、4月の福岡、6月の津で優勝実績。悪いなりにも着順をまとめてくるのが平山の特長の一つとも言えるだろう。
男女混合戦でも全くヒケを取らない平山なら、当然格上の捌きで1Mを抜け出してくる。

地元から大瀧明日香が遠征勢を迎え撃つ。

今年は5月の平和島、6月の常滑でV。平和島では10戦8勝オール3連対、常滑でも11戦8勝オール3連対と、圧巻の勝ちっぷりを見せつけた。
2月にボートレース蒲郡で開催された「G1第65回 東海地区選手権競走」、3月にボートレース鳴門で開催された「G2第4回レディースオールスター」では、共に予選突破の活躍。
今節も地元の大将格として、前回同様の活躍に期待したい。

近況好調の田口節子も忘れてはならない。

今年は2月に地元児島で開催された「G3オールレディース 第31回瀬戸の女王決定戦」で優勝。
そこから優勝には遠ざかっていたが、2節前の蒲郡、そして前節の徳山と連続優勝。蒲郡では11戦8勝、徳山では11戦7勝。
この2節に限って見れ、22戦15勝の荒稼ぎだ。前付け策はなくとも、どのコースからでも抜け出し可能。近況の充実度から言えば3連続Vあっても驚けない。

最後に遠藤エミを挙げる。

今年は8月にボートレース大村で開催された「ヴィーナスシリーズ第10戦」で優勝。
2月にボートレース尼崎で開催された「G1第63近畿地区選手権競走」、前節のボートレースびわこで開催された「G2第64回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯」で予選突破の活躍。
SGにも出場を果たして、見せ場は作っている。ここ一番での惜敗は見られるが、豪快なハンドル戦はトップクラスの破壊力。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ