ボートコラム

ナミのG3 徳山サッポロビールカップの優勝候補予想|ボートレース徳山

G3 サッポロビールカップ
ナミ
ナミ

いつもご覧頂き、ありがとうございます♪
今回も競艇歴18年の私が、優勝者を当てて参ります!
今回予想するのはG3!舞台は徳山です。
徳山といえば大村に匹敵するイン天国!そして地元有利!
しかし、中には荒れる要素も見え隠れするのが徳山競艇です。
様々な情報を駆使して、今回もバッチリ的中させてみせますね!
G3徳山サッポロビールカップの優勝者は、以下の5名で決まりですよ♬

【G3徳山サッポロビールカップ】優勝者直前予想!

【優勝候補第1位】

登録番号:4013
氏名:中島孝平
第84期
2010年の賞金王レーサーである中島選手。
巧みなハンドル捌きは未だ健在で、昨年には久々ではあったものの、SGを獲得した実力者です。
ただその後スランプに陥っていたのか、前期はまさかのA2落ちを経験しました。
しかし今年に入って一般戦を3つ制し、再びA1級昇格を果たし、かつての輝きをまた取り戻しつつあります。
一般戦のみの優勝であるため、まだまだかと思えますが、G2での優出も3つあり、確実に復調の兆しを見せてくれています。
今節はG3であり、強力なライバルはいるものの、出場メンバーの中ではトップレベルと言えますので、当然の如く優勝候補に挙げられます。
今節の活躍に期待!そんな中島選手が優勝候補第1位!

 

【優勝候補第2位】

登録番号:4494
氏名:河合佑樹
第102期
静岡のイケメンレーサー河合選手。
今期はA2落ちとなってしまっていますが、それは出走回数不足によるもの。現在7点台の勝率をマークし、来期はA1昇格濃厚かと思われます。
スタートに関しては早い方とはいえないものの、無難な着取りにより高勝率をキープしており、特にスローでの入着率が高いことが魅力です。
直近では地元浜名湖でオール3連対で見事な勝ちっぷり。優勝戦で荒れ模様となりそうなところを巧みな捌きでイン逃げを決めて、今年2度目の優勝を飾りました。
一方、ウィークポイントはスタート力でしょう。時折捲られてしまい着を落とすシーンもあるなど、少し不安も残すところ。
しかし今節はG3!スタート力のある選手ももちろんいますが、抜群に早くて捲られてばかりとはならないようにも推察できます。
さらに河合選手は初優勝がG3です!また今年の初優勝もG3!本人としてはむしろ戦いやすいレベルなのではとも思えてなりません。
また、最近ではそのスタート力も改善されつつある様子(平均スタートタイミング0.16)。
直近での優勝から波にのり、その勢いのまま今節に参戦してくることでしょう。
来期A1復帰後は、記念戦線でもバリバリ活躍する河合選手がみてみたいところですし、期待してよいはずです!そんな河合選手が優勝候補第2位!

 

【優勝候補第3位】

登録番号:4415
氏名:長野壮志郎
第99期
今期A1に復帰した長野選手。
安定した走りが魅力で、過去には SGに参戦歴もある実力の持ち主です。
魅力は3コース!スタートを決めると、捲りか捲り差しを決めてレースを決定づけるシーンに何度も出くわした経験が筆者にはあります。
また、インコースでの実績も十分であり、高い逃げ率も魅力です。
そんな長野選手、前回の徳山参戦では一般戦で優勝を飾っており、徳山との相性が抜群!
前回の優勝歴を引っさげて今節も果敢な走りをみせてくれることでしょう。
一方、不安要素もあります。直近での成績があまり芳しくなく、大きな着が目立つところも見え隠れ。。
しかし!この徳山以後には常滑での記念に出場することが決まっているため、ここで足踏みするわけにはいかないのも事実!
今節を良いリズムで乗り切り、次回を迎えたいところでしょう。
そんなバックグラウンドをもつ長野選手が優勝候補第3位!

 

【優勝候補第4位】

登録番号:719
氏名:辻栄蔵
第74期
2005年の賞金王レーサーである辻選手。今節の出場メンバーの中では中島選手と同様にトップレーサーとして挙げられます。
魅力はズバリ差し!キレッキレの捌きで狭いところをズドンと差す鋭角ターンは驚異であり、たとえ大外でも連から外すのはハイリスクです。
しかし現在スランプ中。本来であれば優勝候補第1位に推しても良いところでしたが、今年に入ってまさかの優勝回数ゼロ。さらに現在フライング2本持ちという状況下にあるのです。
なかなか優勝までの道のりは遠いように思えますが、しかし直近では見事な成績を収めていますし、記念レベルのレースでも多く連絡みを果たしているため、やはり優勝候補からは外せません。
たとえF2でも十分に優勝の可能性が考えられる選手です。
辻選手の地力に期待がかかります!
そんな辻選手が優勝候補第4位!

【優勝候補第5位】

登録番号:4475
氏名:末永祐輝
第101期
今節は自己最高の勝率をマークし好調をキープしている末永選手。
兄である由楽選手も今節は同時参戦していますが、今回はあえて弟に焦点を当てて予想しました。
それはなぜか!自己最高勝率をたたき出し調子が良いというのもありますが、その勝率が問題。実はもう少し勝率をあげられれば、A1昇格も見えているのです!
それはつまり、先だってA1の位置にいる兄と肩を並べることもできますし、さらに調子がよければ、記念レベルのレース参戦も見えてきます。
高みを目指していまががんばりどきであるがゆえ、今回は兄を押さえてピックアップさせて頂きました。
さらに!今節は地元!元々潮位差の大きい徳山は地元有利な水面です。
これは末永選手としては是が非でもポイント上乗せを図る千載一遇のチャンスでしょう!
目が離せません!そんな末永選手が優勝候補第5位!

予想担当:ナミ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ