ボートコラム

フナゾウのG3 JR四国ワープ杯競走優勝予想!|ボートレース丸亀

G3 JR四国ワープ杯競走
フナゾウ
フナゾウ

11月4日からボートレース丸亀で開催される「G3第30回JR四国ワープ杯競走」。
グレードレースとだけあって、実力者がズラリと揃う。それだけに優勝戦線は大激戦。濃厚な一節になることは間違いない。

G3 JR四国ワープ杯競走

優勝候補の筆頭格には地元の片岡雅裕を挙げる。

今年は年明けの当地、お正月戦でVスタート。2月に当地で開催された「G1第63回四国地区選手権競走」でも優出(5着)の結果を残した。
年明けからVには遠ざかっていたが、7月の徳山で久々の快音。8月の丸亀、9月の若松、そして前節の児島で今年5度目の優勝を成し遂げた。
この丸亀の水面で力を存分に発揮する片岡が、地元大将格として遠征勢を迎え撃つ。

GPでV3の実績を誇る田中信一郎も当然V争覇圏。

昨年のST事故の影響で今年は4月から戦線復帰。
しっかり連続優出を果たすと、6月にボートレース大村で開催された「G1開設68周年記念 海の王者決定戦」では優出(5着)といきなりの活躍を見せた。
今年はここまで6回の優出で、V実績はなし。それでも地力は周知の通り。当地との相性面も問題ない。ならば自慢のハンドル捌きで、自由自在な立ち回りを披露へ。

調整力確かな平尾崇典にもご注目。

今年は4月にボートレース津で開催された「G1第21回マスターズチャンピオン」に出場。
2勝マークで予選突破。準優勝戦では3着惜敗も、存在感を示した。7月にボートレース大村で開催された「G2ボートレース発祥地記念第24回ボートレース誕生祭」でも優出(3着)の活躍。
当地前回は7戦6勝と圧巻の走りで今年初V。どんな凡機でも立て直す調整力に、今節も期待が懸かる。

充実の近況振りを見せるのが稲田浩二だ。

今年は9月にボートレース宮島で開催された「G1宮島チャンピオンカップ開設66周年」。ハイパワーを武器に4勝を挙げて予選トップ通過。
準優、優勝戦と逃げ切り自身2度目のG1優勝を成し遂げた。そのG1優勝を含めて、今年ここまでV7と絶好調。
前節の「SG第67回ボートレースダービー」では予選落ちに終わったが、4日目以降見せ場十分。持ち前のST戦含めてご注目。

最後に藤原啓史朗を挙げたい。

今年は9月にボートレース常滑で開催された「G2モーターボート大賞~昭和VS平成~」で準優勝。
2月にボートレース宮島で開催された「G1第63回中国地区選手権」、9月の「G1宮島チャンピオンカップ開設66周年」では、ともに準優3着惜敗。
良機を味方に快走するシーンもチラホラ見せている。現在、多摩川、びわこと連続優出中。今節も気風のいい走りで水面を駆け巡る。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ