ボートコラム

散人の公営レーシングプレス杯優勝候補予想!|ボートレース若松

公営レーシングプレス杯
散人
散人

夏のSG戦線が続く中、その合間や裏で行われている一般戦は、意外な有力選手が参戦して面白いレースとなります。今回はグランドチャンピオンの翌日から開催される、ボートレース若松の公営レーシングプレス杯から優勝候補を紹介します。

地元選手に要注意?公営レーシングプレス杯の優勝候補は?


・市橋卓士
この中ではトップクラスの勝率を誇る選手。一般戦では安定感が違う。

一般戦では3連対を手堅く確保し、優勝戦に進出してくる選手。今年はすでに5度の優出と1回の優勝を記録しているが、昨年は17回の優出で7回の優勝と驚異の結果を叩き出した。一般戦では実力も格も違うところを見せてくれるはず。


・山室展弘

インコースから早いスタートで押し切るレーススタイルで安定感あり。ただ前節のフライングが気になる

大ベテランの域に入ったがまだまだ勝率は7点台と安定。5号艇と6号艇ではインコースを取るスタイルを採用し、なおかつ早いスタートを武器に押し切る。一般戦ではインコースを取りやすいレースも多く、優勝戦が外枠でも期待できる。ただ前節でFを切ったのでスタートを抑える可能性も。


・小野生奈

地元女子レーサーのエース格。男女混合戦で厳しい戦いとなるが結果を出せるか。

オールレディースやヴィーナスカップでは安定して上位に入り、常に優勝争いに絡んでくる選手。男女混合戦では成績がやや落ちるものの、一般戦であれば優勝のチャンスはある。8月のレディースチャンピオンの足掛かりとなるレースに期待。


・郷原章平

ここ3節は今一つ。地元の一般戦で巻き返しなるか。

前節は一般戦だったが目立った成績は出せず、その前のG1では初日で帰郷と今一つの成績が続いている。地元で巻き返しのレースを期待したい。出入りの激しい着順が多い傾向があるため、上位着を安定して取れれば優勝の可能性はある。


・江崎一雄

デビュー初勝利初優出の場所で復活なるか。ここ最近の不調を変えるレースに期待。

若松で戦列のデビューを果たし、とんとん拍子にA1まで上がったものの怪我による長期休養。その後はA2とB1を行ったり来たりしているが、昨年から成績が下降気味に。かつてはデビュー節優出という快挙も果たした若松で復活を期待したい。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補と予想します。

今回は地元選手がやや多い開催だけに、地元レーサーの奮起に期待したいところ。また、梅雨時で調整が難しいこともあり、整備力のある選手も上位に食い込む可能性がありそう。6日間開催の最後に勝つのはどの選手か、期待してレースを見たいと思います。

予想担当:散人

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ