ボートコラム

ナミのG1 レディースチャンピオンの優勝候補予想|ボートレース多摩川

G1レディースチャンピオン
ナミ
ナミ

当ホームページをご覧の皆様、いつもありがとうございます♪
今回も競艇歴18年の私が優勝者を確実に射止めます!宜しくお願い致します!
今回はG1レディースチャンピオンです^^
舞台は多摩川!多摩川は関東地区で唯一の静水面というイメージがあります。
事実、プール水面であり、選手にとっても走りやすい水面であることでしょう。
全員女子ですし、体重差はさほど気にしなくてもよさそうです。
その分、モーターと実力がモノをいうと私はふんでいます!
そうした様々な情報を駆使しながら、ばっちり当てていきますね!
G1第34回レディースチャンピオンの優勝者は、
以下の5名の中で決まりです♪

G1第34回レディースチャンピオン優勝者直前予想!

【優勝候補第1位】

登録番号:3435
氏名:寺田千恵
第65期
女子艇界のレジェンドの一人である寺田選手。
これまで数々の道を切り開いてきた立役者でもあります。
過去には女子レーサーとして初のSG優出、しかも1号艇であったことはとても話題となりました。
また、女子史上4人目通算2000勝を今年7月に達成。まさにパイオニア的存在でもあります。
しかもまだそのセンスは衰え知らず!
ず〜っとA1をキープできているのは、スタート事故の少なさによるものなのか、はたまたセンスでしょうか。
直近では男子の多い一般戦ばかりを走ってはいるものの、成績は上々です。
唯一気がかりなのはF1持ちという点ですが、それでも最直近のG2を除けば連続優出中!
おそらく照準は今節のG1レディースに合わせてきているのではないでしょうか。
期待して良いでしょう!そんなレジェンド寺田選手が優勝候補第1位!

【優勝候補第2位】

登録番号:4556
氏名:竹井奈美
第104期
元気な走りが魅力の竹井選手。
見所は3,5コースの捲り差しです。
特に3コースの竹井選手には目が離せません!
実は竹井選手、6月の当地多摩川での女子戦では1着8本でオール3連対で優勝しています!
とにかく多摩川との相性が良いことが当地の成績から明らかなのです。
そのため、まず準優にまでは載せてきそうな勢いを感じさせます!
一方で竹井選手も30代に突入し、ここのところ落ち着いた走りが目立つようになってきた印象もあります。
平均スタートも数年前と比較すると若干落ち気味にも感じられます。
課題はスタートか!?今節は果敢な捲りも期待したいところです!
そんな竹井選手が優勝候補第2位!

【優勝候補第3位】

登録番号:4885
氏名:大山千広
第116期
女子の中で最注目の選手である大山選手。
まだ20代前半にも関わらず、昨年オール女子のG1を獲得。SG出場も果たしました。
さらにクライマックスでは準優進出も果たし、今最も成長著しい選手と言えるでしょう。
女子戦に彼女がいれば、大外と言えども票が集まるという現象が発生しますし、今年に入ってからは既に優勝回数5回(内、オールレディース4回)という、向かうところ女子戦では敵なし状態かと思わせる無双ぶりなのです。
そんな彼女だからこそ、マークされるのは必然。
無双ぶりを食い止めるべく、他の選手が黙っていないことでしょう。
そこを如何に掻い潜るかが勝負の鍵と推察出来ます。
そんな大山選手が優勝候補第3位!

【優勝候補第4位】

登録番号:4450
氏名:平高奈菜
第100期
強気な走りの印象がある平高選手。
しかし彼女の魅力は、実はどのコースからでも狙える華麗な捲り差しにあると筆者は感じています。
少し前の悪夢のF3を乗り越えて、ひと回り大人になった印象もある彼女ですが、そのためか、ちょっと大人しくなりすぎたか!?
数年前までは優出すると、どのコースからでも1着を狙っていて、優勝を掻っ攫っていくシーンがありました。
しかし今年に入って既に3度優勝している点は流石という他ないものの、全てインコースからの逃げです。
そろそろ果敢な走りでトップをひた走る平高選手が見たい頃。
多摩川は静水面です。
どのコースからでも狙える魅力を兼ね備えた水面であるゆえ、平高選手のような自在派は戦いやすいことでしょう。
期待して良いと思います!
そんな平高選手が優勝候補第4位!

【優勝候補第5位】

登録番号:4050
氏名:田口節子
第85期
一時期女子の中では敵なしと思われた田口選手。
出産を経て母となり、その後レースに復帰して以降、ようやく勘を取り戻しつつあるように見えます。
しかし!正直勝率やスタート力はまだまだこれからといった様子も見られ、イマイチ安定していないようにも見えます。
事実、現在の勝率ではA1キープがギリギリ。若干、育児と仕事との両立がまだ尾を引いているか><?
しかし今年はすでに1度オール女子戦で優勝を果たしています。
また、直近では1着の本数も増えつつあり、本来の実力が見え隠れしているのも事実です。
以前G1を2年連続で獲得し、一般戦ではあるものの、ガンガン優勝を重ねていた頃の実力を知るものとしては、彼女の才能が爆発する姿をそろそろ拝みたい頃です。
そんな期待を持たせてくれる田口選手が優勝候補第5位!

予想担当:ナミ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ