ボートコラム

フナゾウの一般 報知グリーンカップ優勝予想!|丸亀

一般 報知グリーンカップ
フナゾウ
フナゾウ
ボートレース丸亀で開催される「報知グリーンカップ」。
実力者がズラリと揃って楽しみな一節となりそうだ。

一般 報知グリーンカップの優勝候補は?

優勝候補の筆頭は柳沢一を挙げる。

今年は3月、ボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」に出場。
初日のドリーム戦で6枠を3着にまとめると、大崩れのない成績で予選を突破。6枠で登場した準優勝戦では道中、逆転の走りを見せて優出を果たした。
今年現在、一般戦も含めてVのない柳沢だが心配は無用。今節の出場選手で唯一のSGウイナーが格上のハンドル捌きで初日からピンラッシュへ。

続いて挙げたいのが渡辺浩司。

今年の1月にボートレース徳山で開催された「G1徳山クラウン争奪戦 開設66周年記念競走」、同月にボートレース唐津で開催された「G1全日本王者決定戦(開設66周年記念)」の2節で準優進出を果たしている。
一般戦では優出ラッシュ。6月のボートレース宮島では10戦7勝オール2連対で今年初V。
一般戦では安定感がキラリと光る渡辺が、今節も縦横無尽に水面を駆け巡ってくれるはずだ。

当然、下條雄太郎も優勝候補の一角だ。

今年は4月のボートレース常滑、5月に開催されたボートレース宮島でV2。常滑ではオール3連対、宮島ではオール2連対と抜群の安定感だった。
6月に地元のボートレース大村で開催された「G1開設68周年記念 海の王者決定戦」では調整に苦しみながらも予選を突破。
地元として意地を見せた。スピードで言えばトップクラスにもヒケを取らない。豪快レースを堪能あるのみ。

遠征勢に待ったをかける地元勢。まず秋山広一。

当地は今年4度目の参戦。2月に開催された「G1第63回 四国地区選手権競走」はしっかり予選突破。準優勝戦こそ3着に敗れたが存在感は示した。
なかなか調子の方は上向いてこなかったが、5月の児島で今年初優出を決めるとその後の徳山、鳴門でも優出とようやく調子の方も上向いてきた。
勝手知ったる地元水面で燃えない訳がない。地元大将格としてV戦線を牽引へ。

こちらも地元、中越博紀も黙っていない。

今年は2月のボートレース唐津、前節のボートレース鳴門とV2。前節の鳴門では初日からコース問わない安定したレースを披露。
短期決戦の中、2日目後半から4連勝で締めくくった。当地は今年6度目の参戦となる。
一般戦では優出を外していない中越だけに今節も大いに期待が高まるところ。外枠でも苦にせず着をまとめてくる。
もちろん内寄りでは確かなテクで混戦突破だ。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ