ボートコラム

散人の一般 サッポロビールカップ優勝候補予想!|ボートレース児島

一般サッポロビールカップ
散人
散人

今年も梅雨の終わりになり、豪雨災害が発生しました。日本全国で発生しているこの状況は、どの場所で起きるのかがわからないなど、非常に怖さがあります。これからも気を付けて生活しなければならないと感じます。

今回は、ボートレース児島のサッポロビールカップの優勝候補を予想します。この開催も雨が予想されており、天候は不安定な状態が予想されます。その中で優勝するのはどの選手となるのでしょうか。

不安定な天候を制するのは?サッポロビールカップの優勝候補を予想!


・丸岡正典
SGやG1でも活躍する選手。一般戦では力の差を見せつけるはず。

主戦場はSGやG1などのグレードレース。ここ最近でも鳴門のG1で優勝戦に進出(結果は6着)するなど、実力はまだまだ健在。前節のG3は2日目からの参戦となったが優勝戦に乗っているなど、一般戦では力が抜けている。今節の優勝候補筆頭となるでしょう。


・松田大志郎

ここ2節連続優勝の勢いに乗る。3節連続優勝にも期待大。

主に一般戦を戦う選手だが、芦屋と宮島で連続優勝するなど、最近は好調が続いている。優勝戦は2回とも2号艇でのレースで勝利するなど、優勝戦に強さを発揮する選手。前期も10回の優出を実現するなど、優勝戦までは手堅く進んでくる選手。


・渡邉和将

地元コースで1ヶ月ぶりの復帰レース。走り慣れたコースで結果を残す。

6月のG1鳴門で準優勝戦に進むなど好調だったが、フライング休みで1ヶ月実戦から離れていた。このレースが休み明け初戦となる。休んでいたため実戦感覚に不安はあるが、走り慣れている地元コースだけに結果を出してくれると予想。


・古澤光紀

安定して優勝戦に進出する実力を持つ。後は優勝戦で勝つだけ。

3節前、2節前と連続優出したが優勝ならず。優勝戦までは手堅く進んでくるため、何かあれば優勝してもおかしくはない。一般戦では力も上位だけに期待したい選手。


・山本修一

近況好調。地元でA1復帰の足掛かりをつかみたい。

僅かに勝率が足りずA2となっているが、実力はA1級。前節の芦屋では優勝戦に進出している。近況は好調で大崩れはしていない。地元水面でいい結果を出し、A1復帰の足掛かりにしたいところ。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。近況でいい結果を出している選手が多いだけに、どこまでその勢いを持続するかも注目されます。

また、雨の中でレースをすることとなる可能性が高く、調整が非常に難しい傾向もあります。天気や風の状況をしっかり読み取り、調整や整備がしっかりできる選手が上位に挙がってくるかもしれませんね。

予想担当:散人

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ