ボートコラム

フナゾウの一般 児島巧者決定戦マンスリーBOATRACE杯優勝予想!|児島

一般マンスリーBOATRACE杯
フナゾウ
フナゾウ
ボートレース児島で開催される「~児島巧者決定戦~マンスリーBOATRACE杯」。
タイトル通りに当地を得意とする選手がズラリと揃って、楽しみな一節となりそうだ。

一般マンスリーBOATRACE杯の優勝候補は?

まずは大阪の西村拓也を優勝候補の筆頭に挙げたい。

今年はここまで9優出と安定した走りを見せている。
3月のボートレース蒲郡、5月に地元のボートレース住之江で優勝とV2をマーク。
4月のボートレース戸田で開催された「G2モーターボート大賞・戸田巧者No.1決定戦」でも優出を果たしている。
前節のボートレース宮島で開催されたSGからの転戦。安定感抜群の走りは、今節もV戦線を賑わせる存在だ。

続いての興津藍も西村同様にSGからの転戦組だ。

今年は優勝こそないが5優出。その中には2節前、地元のボートレース鳴門で開催された「G1大渦大賞開設67周年記念競走」での優出も含まれる。
記念戦での優出はその一回のみだが、他の記念戦でも存在感を十分見せつけている。当地は今年初出走となるが、過去にはV実績もあり相性は悪くない。
高い攻撃力と、柔軟なハンドル戦で縦横無尽に走り抜ける。

絶好調の塩田北斗にも熱視線。

今年は8優出中、V4と勢いが止まらない。そのV4も4月中旬過ぎに行われたボートレース若松からのVだった。
そのボートレース若松を皮切りに、5月のボートレース下関で今年2度目のV。その下関を含めて3節連続Vとは恐れ入る。
連続Vこそ止まったが、現在5連続優出中とまさに絶好調モード。しっかり凡機でも仕上げてくる調整力。勢い乗って今年5度目のVへと、止まることなく進撃だ

調子の良さで言えば田中和也もヒケを取らない。

今年は8優出2優勝。4月にボートレース多摩川で開催された「第31回日本モーターボート選手会会長賞」で10戦6勝の活躍でV。
さらに圧巻だったのが、2節前に地元のボートレース住之江で開催された「第3回auじぶん銀行賞」。
開幕4連勝を飾ると、終盤にも4連勝で締めてのV。まさに王道の勝ちっぷりを披露。今節もコース問わない走りでV戦線に顔を出す。

最後に挙げるのが山田祐也。

山田と言えば、今年の2月にボートレース丸亀で開催された「G1第63回四国地区選手権」。
予選を2勝、オール3連対の活躍でトップ通過。準優勝戦もしっかり逃げてG1初優出。
そのまま記念ウイナーの仲間入りを果たすかと思われたが、中岡正彦の捲り差しに屈して悔しい準優勝に終わった。
ただその悔しさをバネに一皮向けてくれるはず。高いポテンシャルとレースセンスを今節も存分に見せつける。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ