ボートコラム

フナゾウの一般 MBP津幢開設7周年記念優勝予想!|桐生

一般MBP津幢開設7周年記念
フナゾウ
フナゾウ
ボートレース桐生で開催される「MBP津幢開設7周年記念」。
ベテランから若手まで実力者が揃った一節に目が離せない。

一般MBP津幢開設7周年記念の優勝候補は?

優勝候補筆頭は中澤和志を挙げたい。

今年も各地で安定した走りを見せている中澤。今年は2月のボートレース津でV実績。優勝こそ、その1回だけだが、一般戦では優出を重ねている。
3月にボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」にも出場。予選突破こそならなかったが、9走して7回の連絡みと見せ場は作った。
SGウイナーでもある中澤が、攻撃力の違いを見せつける一節となるか。

続いては横澤剛治。

近年はやや勝率を落とし気味ではあったが、近況は復調気配。
2節前のボートレース鳴門で開催された「G1大渦大賞開設67周年記念」では白星こそなかったが、2着を5本並べて優出に成功。
優勝戦こそコース遠く4着に敗れたが、横澤らしい走りを見せた。一般戦では4月にボートレースびわこで6連勝で締めくくりV。
少々の凡機でも、その走りの巧さで着をまとめてくる。今節も随所にらしさを披露へ。

遠征勢を迎え撃つ地元勢。まずは金子拓矢。

2016年の前期からすっかりA1定着となった金子。今年は優勝こそまだないが、一般戦では5回を数える優出。
今年唯一出場した「G1第65回関東地区選手権」では調整に手を焼き、初戦の1勝のみと寂しい結果に終わったが、一般戦では悪いなりに着をまとめてくる。
今節は手の内知り尽くした地元水面で燃えない訳がない。抜群の攻撃力を生かして今年初のVを狙ってくる。

同じく地元の柴田光も注目の存在。

3節前にボートレース多摩川で開催された「創刊60周年記念第55回東京スポーツ賞」でV実績。
好メンバーが顔を揃えた優勝戦だったが2コースから差し切りに成功。まだまだハンドル捌きは健在だ。
その他の一般戦でも優出を重ねている。当地は今年3度目の参戦。その2節共に優出すら届いていないだけに今節こそはの思い。
コース取りから見せ場を作り、内寄り奪取から巧腕発揮へ。

最後に北野輝季を。

今年は5月のボートレースびわこ、前節のボートレース多摩川でV。
共に優勝戦は5枠で出場。見事な捲り差しを決めて好配提供でファンを喜ばせた。
その優勝戦が物語っているように、どのコースからでも侮れない存在だ。
2節前のG1戦ではFを切ってしまい、見せ場を作ることはできなかったが、一般戦では優勝候補の一人に挙がる。
コースを問わない走りが魅力に映る。今節も持ち前の速攻生かしてV戦線を賑わせる。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ