ボートコラム

フナゾウの一般 デイリースポーツカップ優勝予想!|丸亀

一般 デイリースポーツカップ
フナゾウ
フナゾウ
ボートレース丸亀で6月20日から開催される「デイリースポーツカップ」。
6日間シリーズで争われる今節。ベテランから若手まで個性のある選手が集結しており、楽しみな一節となりそうだ。

一般デイリースポーツカップの優勝候補は?

優勝候補筆頭は地元の森高一真。

今年は現在まで一般戦を含めて優勝なしと、少し物足りない印象は受ける。
それでもボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」に、ボートレース住之江で開催された「SG第47回ボートレースオールスター」にも出場。
前節、鳴門のG1戦でも予選突破を果たしており、調子はじわり上向き。今節は地元の大将格として遠征勢を迎え撃つ。

続いてはベテランの西島義則。

まだまだコース取りから元気一杯な姿を見せている西島。
今年の4月、ボートレース津で開催された「G1第21回マスターズチャンピオン」。予選をオール3連対でまとめると、準優では2枠でイン奪取。
見事に優出を果たすなど大いに盛り上げた。森高同様「SG第47回ボートレースオールスター」にも出場。行き足を仕上げてインから先取り。
今節もコース取りから目が離せない。

山本寛久も当然、優勝候補の一人に。

今年は2月のボートレース常滑、2節前の地元ボートレース児島で開催された一般戦で優勝と、
今年はV2。記念戦でこそ苦戦が見られているが、一般戦ではコンスタントに優出を重ねている。当地の水面は今年初出走となるが、V実績もあり相性自体は悪くない。
良機を手にすれば初日から快走。そうでなくとも、大崩れのない安定した走りでV戦線に食い込んでくる存在だ。

和田兼輔の存在も侮れない。

今年の2月、地元のボートレース尼崎で開催された「G1第63回近畿地区選手権競走」に出場。
コースを問わない安定した走りで見事優出(3着)。3節前のボートレース鳴門の一般戦では、節間7勝をマークしてV。
センター・アウトからでも常に目が離せない存在だ。山本同様にここ丸亀は今年初出走。まずは調整がカギを握るか。
冷静なハンドル捌きと、道中のスピード戦でV戦線に名乗り。

最後に下出卓矢を。

伸びを生かした走りで、各地で盛り上げる下出。今年は年頭のボートレース戸田で幸先良くV奪取。
2節前のボートレース津でも優勝と、今年V2。3月にボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」にも出場。
予選突破こそならなかったが、節間3勝を挙げて見せ場は作った。
下出には常にチルト角度から注目。6コースから捲れる伸びを引き出せば、誰も手が付けられない。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ