ボートコラム

フナゾウの一般九州スポーツ杯争奪戦優勝予想!|福岡

一般九州スポーツ杯争奪戦
フナゾウ
フナゾウ
5月23日からボートレース福岡で開幕する「九州スポーツ杯争奪戦」。SGの裏開催ではあるが、楽しみなメンバーが揃っている。

SG裏開催での激戦!

まずは地元の塩田北斗。

2019年の後期にA2降格もあったが、すぐにA1に復帰。近況は記念戦線の舞台への出場も増やしている。
4月にボートレース蒲郡で開催された「G1オールジャパン竹島特別」では4日目に連勝で勝負懸けに成功。
優出とはならなかったが、健闘を見せた。3節前のボートレース若松、そして前節のボートレース下関でVと調子も上向き。
今節は地元大将格として、博多の水面を盛り上げてくれるはずだ。

同じく地元の古澤光紀も気合は十分。

2月にボートレース唐津で開催された「G1第66回九州地区選手権」では、予選をオール3連対でクリア。
惜しくも優出は逃したが、上の舞台でも十分通用する事を証明した。一般戦ではコンスタントに優出。
4月にボートレース鳴門の一般戦で今年初Vを達成。前回の当地では2日目に途中帰郷と悔しい結果。
福岡屈指のイケメンレーサーが、持ち前のスピード戦で遠征勢を迎え撃つ。

競艇IMPACT

向かうところ敵なし!!

競艇IMPACT
的中実績

2020/3/24(火) 津11R→津12R 1,479,360円
2020/3/24(火) 児島9R→児島10R 886,550円
2020/3/23(月) 多摩川8R→多摩川10R 1,731,280円

公式ページ

地元勢に襲いかかる遠征勢。まずはベテランの吉川昭男。

吉川と言えば、3月にボートレース平和島で開催された「SG第55回ボートレースクラシック」で久々のSG出場。
予選突破を果たすと、6枠で登場した準優勝戦ではセンターから捲って白星。優勝戦でも2着と、存在感を存分にアピールした。
一般戦ではもちろん、優勝候補の一人に挙がる。まずはコース取りに注目したい。内水域を奪って、そのまま豪腕発揮だ。

白石健も忘れてはならない。

2月にボートレース尼崎で開催された「G1第63回近畿地区選手権競走」。
準優勝戦では3コースから鮮やかな捲り差しで突破。コースを問わない走りは、記念戦線でも健在だ。
今年は1月のボートレース宮島、4月のボートレース浜名湖でV。常に一般戦では優勝戦線を賑わせる。
機力が仕上がった時の爆発力は今節の中でもトップクラス。高い攻撃力で“シラケン”が攻め立てる。

最後に渡邉和将を。

今年は2月にボートレース宮島で開催された「G1第63回中国地区選手権」で優出(5着)。
同月に開催されたボートレース江戸川では完全Vに挑戦。惜しくもVを逃したが、波に乗ったら手が付けられない。
3節前のボートレース唐津ではFを切ってしまったのは気掛かりだが、その後の節でもしっかりSTは決めている。
ポテンシャルの高さは折り紙付き。そのレースセンスを今節も見せつける。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2021/3/16(火) 福岡6R→福岡8R 791,240円
2021/4/7(水) 唐津10R→児島8R 898,380円
2021/5/25(火) 鳴門8R→鳴門10R 891,480円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ