ボートコラム

フナゾウのG3 オールレディース優勝予想!|ボートレース下関

G3オールレディース ジュエルセブンカップ
フナゾウ
フナゾウ

ボートレース下関で1月20日から開幕する「G3オールレディース ジュエルセブンカップ」。
今や欠かせない女子レース。ベテランから若手レーサーまで楽しみな面々がここ下関に集結。華やかな一節に初戦から目が離せない。

G3 オールレディース ジュエルセブンカップ

優勝候補筆頭には守屋美穂を挙げる。

2020年は16回の優出、V4の実績。8月にボートレース多摩川で開催された「G1第34回レディースチャンピオン」、11月にボートレース蒲郡で開催された「G2レディースCC」で優勝戦1枠を獲得。
共に悔しい結果に終わったが、V戦線を引っ張った。SGにも数節出場。
男子レーサーにもヒケを取らない調整力はトップクラス。今節もV戦線を引っ張る存在となりそうだ。

近況絶好調の平高奈菜が対抗格に。

2020年は怪我の影響もあって戦線を離脱していた時期もあったが、12回の優出、V5の結果を残した。
年末にボートレース浜名湖で開催された「G1第9回クイーンズクライマックス」にも出場。
初日から2連対にまとめて、優勝戦の1枠を獲得。0.01のSTを決めて見事に初栄冠を掴んだ。5月の「SG第47回ボートレースオールスター」では予選突破。
女王の走りに今年も注目が集まる。

実績断トツの寺田千恵も忘れてはならない。

2020年は10回の優出、V2の結果。11月の「G2レディースCC」では、3コースから冷静な差しハンドルで抜け出すと、猛追する長嶋万記を振り切り優勝。
年末の「G1第9回クイーンズクライマックス」では不本意な結果に終わったが、昨年もここぞの勝負強さを見せてくれた。
年齢的にもベテランの域に入るが、若い選手にもヒケは取らない。“テラッチ”が今年も奮闘へ。

鎌倉涼もV戦線に顔を出す。

2020年は5回の優出の内、2度の優勝。5月にボートレース尼崎で開催された「ヴィーナスシリーズ第4戦 尼崎プリンセスカップ」で2015年10月桐生以来の優勝を成し遂げた。
11月のボートレース多摩川で優勝を飾ると、12月の地元住之江では準V。年が明けてのボートレース徳山でもオール3連対での優勝を飾るなど、絶好調で当地に参戦。
完全復活の姿に今節は目が離せない。

最後に竹井奈美を挙げたい。

2020年は10度の優出、2度の優勝と言う結果。3月の戸田、5月の多摩川で優勝。多摩川では10戦8勝オール3連対と圧巻の勝ちっぷりを見せた。
年末のボートレース浜名湖で開催された「G3QCシリーズ」では、スピード溢れるレースで準優勝。年明けから同じくボートレーサーとの結婚も発表。
ならば今年はハッスルといきたい。スピードを全面に出した攻撃レースで突き進む。

予想担当:フナゾウ

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ