ボートコラム

散人の一般 デイリースポーツカップ優勝候補予想!|ボートレース大村

一般 デイリースポーツカップ
散人
散人

寒さがかなり厳しくなってきました。寒さによってモーターの調子が変わったりする傾向もあるため、これまで強いとされていたモーターが突然弱くなる、または逆パターンで急に成績が良くなるケースもあります。こうした情報もしっかり掴むと高配当を狙えるようになります。

今回はボートレース大村で行われるデイリースポーツカップの優勝候補を紹介します。4日間の短期開催で、気温が上昇すると予想されるため、モーター評価が大きく左右される一節になるでしょう。

4日間で優勝を掴むのは?デイリースポーツカップの優勝候補


・木下翔太

ここからG1へ更なる飛躍を目指す。通過点となるここは勝ちきりたい。

G1、SGでも名前をよく見るようになり、着実に実力を付けてきた選手。一般戦で戦うとその力は明らかで、格下の選手をしっかり圧倒する。今回は4日間で色々と運要素も絡んでくるが、実力をしっかり示せば勝ちきれる。


・前田将太

年末にかけて一般戦の優勝を重ねて調子アップ。実力は抜けている。

昨年12月から調子が上向き、三国と下関の一般戦で優勝。グランプリシリーズは予選通過こそできなかったが成績は割と安定していた。ここ最近の調子に加えて、実力を考慮すると優勝する可能性は高い。短期決戦をしっかり乗り切りたい。


・古賀繁輝

休み明けから好結果が続く。一般戦なら上位進出は堅い。

G1戦線では苦労する傾向が続いているが、フライング休み以降の一般戦では活躍が目立つ。SGでも活躍する選手相手に奮闘した唐津のレースを見る限り、休みのブランクはほぼ無いだろう。ここを勝って次の地元G1に繋げたい。


・高田明

調子良ければシリーズ終盤の活躍が光る。ここ最近事故続きなのは気がかり。

12月の尼崎では、初戦6着と苦しい状況から立て直し、優勝戦1号艇から逃げて優勝している。仕上がりが良ければ終盤戦でしっかり結果を出してくるが、今回は短期決戦なのでどこまで立て直せるかが鍵。前節は2度の失格で帰郷しているなど事故が少し多い。


・坪口竜也

近況絶好調。地元水面でもう1度優勝戦へ進出しチャンスを狙う。

12月以降好調が続いている。徳山で優勝し前節の大村も優勝戦に進出し3着と結果を出した。A2だが近況の良さから注目したい選手の1人。大村は地元で短期決戦もそれなりに戦えるなど、優勝するチャンスは十分ある。

散人
散人

以上の5選手を優勝候補として予想します。

4日間でA級の選手が比較的多く揃った開催となります。短期決戦はモーター抽選と仕上がりがとても重要ですが、実力もある程度問われます。基本は実力上位が順当に優勝戦に進出しそうですが、荒れる要素が増えると予想外の結果も考えられます。

予想担当:散人

MAGIC BOAT(マジックボート)

収益追求型の競艇を体感せよ

マジックボート
的中実績

2020/12/29(火) 福岡9R→住之江10R 636,120円
2021/1/4(月) 平和島6R→びわこ8R 711,450円
2021/1/5(火) 住之江9R→桐生3R 518,400円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ