ボートレース場

ボートレース津の特徴

ボートレース津

ボートレース津の特徴

今回はボートレース津の紹介となります。ボートレース津は三重県津市藤方にあるボートレース場です。

ボートレース津の水面は海とは繋がっていませんが、水質的には海のすぐそばにある事から塩分を含んでおり半淡水であるともされています。

また、この競艇場は荒れやすく万舟券が飛び出しやすいとも言われており、穴党にはピッタリのボートレース場と言えるかもしれません。

季節によって吹く強い風に注意

ボートレース津は立地的には伊勢湾に面しており、太平洋からの風が通ります。夏場は季節風、冬場は鈴鹿山脈からの吹き下ろしが直撃風による水面変化の機会が大きい競艇場となります。

夏の季節風は追い風、鈴鹿山脈からの吹き下ろしは向かい風となり、当然風向きや風速によってはコース別の勝率は変化します。また、冬季に関しては安定板が使用される事もしばしばです。

風の影響を受けやすい競艇場だけに、予想をする時は当日の天候をチェックしてから予想をする方が無難です。

1日に複数回万舟が飛び出す事も

風の影響を受けやすいという事はその分レースも荒れやすく、高配当が出やすいというのも特徴になります。毎日欠かさず万舟券が出る、とまでは言いませんが、1日に何度も高配当が出る事もあります。

水面が荒れやすい、と言っても当然、無風であったりレースに影響しない程度の風であれば当たり前にインに強く、実際1コースからの勝率は全国で見ても上位となっていますので、1コースを軽視すればたちまちハズレ舟券の山となるでしょう。

基本的にはイン逃げが強く、3~5コースの勝率はかなり低くなります。特に4コースからの勝率は2019年のデータでは10%に届いておらず、全競艇場で下から5番目という低さです。荒れやすいとはいえ、安易に外から買うのは危険という事になります。

また、1マークのバック側が広い分スピードはつくものの旋回半径が大きくなりがちで、「差し」の決まり手が多く出現するという一面もあります。

ボートレース津のまとめ

ボートレース津は風の影響を受けやすい事から、レース当日の天候によっては番狂わせが起こる事も多く、高配当を狙いやすいボートレース場となります。

ボートレースはより際どいタイミング、スピードでスタートした方が有利な事は当然ですが、津ではスタートが特に重要と言われています。

午前と午後で風向きが変わってしまったりするという特性もある事からスタートのタイミングが取りづらく、スタート巧者ほど有利になりますので、スタート勘の良い選手は要チェックです。

ボートレース津がある三重支部の代表的選手は井口佳典選手や新田雄史選手になります。特に井口選手は津での優勝回数27回、勝率は7.92めっぽう強いですので、井口選手が地元戦となれば優勝候補となるのは間違いありません。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ