ボートレース場

ボートレース三国の特徴

ボートレース三国

ボートレース三国の特徴

今回はボートレース三国の紹介です。ボートレース三国は福井県三国町にあるボートレース場です。

この三国ボートは北陸地方で唯一の競艇場となり、また日本海側にあるという点でもこれまた唯一となります。日本海側で北陸、という事は冬場は一面雪景色なったりする事も特徴の一つであると言えるでしょう。

水質は淡水で、プール型となっている事から流れや水位変化はありませんが、日本海側という事もあり風による影響は受けやすいようです。

トップクラスの広さのコース幅

ボートレース三国の最大の特徴がコース幅の広さとなります。スタートライン上のコース幅は62mあり、これは全国でも屈指の広さとなっています。

これだけ広いと不利になるのはアウトの選手です。1マークまでが物理的に遠くなってしまいますので、なかなか攻めきれません。

実際、4~6コースからの勝率はどれも全国下位クラスで、ダッシュ勢には厳しいボートレース場となっています。

更に、1マークの水域が広くなっている事からもイン側3艇が有利になる要因となっており、基本的にはイン側狙いの予想がメインとなるでしょう。

1年を通して追い風が多く吹く

プール型のため流れや水位の変化の無い水面となっているものの、夏場は海風、冬場は強い北風が吹くため風の影響は大きめと言えそうです。

風向きは年間を通して追い風が多く、その点でもインコースが強くなる要因となっています。

ここまで見るとあまりにもインコース有利の材料が揃っているため、1コースからの勝率はかなり高くなるように思えますが、2コースや3コースからの勝率も高くなっている事から相対的に1コースからの勝率は飛び抜けて高くはなっていません。

ボートレース三国まとめ

以上の事から、ボートレース三国はイン側3艇がかなり有利な競艇場と言えます。流れや水位変化の無いプール型となる事からレースに大きく影響するのは風向きと風速という事になりますので、三国での予想の際は風のチェックは欠かせないと言えそうです。

特にある程度以上の風速になった場合は1コースからの勝率が下がり2コースの差しが決まる可能性が高まりますので、インだからと盲信するのはちょっと危険と言えます。

また、冬場になると季節風の影響からボートが乾燥しにくく、水分で重くなったままレースに望む事が多くなり、モーターの出足が重要になる場面も多くなります。

さらに、その冬場の季節風は強風となる事も多く、そうなれば安定板を装着する事になるため、やはりイン側3艇が有利になる事になります。

そんなボートレース三国は福井支部という事になります。福井支部のエース格レーサーは今垣光太郎選手や中島孝平選手などになりますので、やはりそれぞれが地元戦となれば注目でしょう。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ