ボートレース場

ボートレース丸亀の特徴

ボートレース丸亀

ボートレース丸亀の特徴

今回はボートレース丸亀について紹介します。ボートレース丸亀は香川県丸亀市富士見町にあるボートレース場となります。うどんで有名な地域ですね。

ボートレース丸亀は通年ナイター開催となるボートレース場で、昔はインが強い特徴がありましたが、現在は目立った強さではなくなっているようです。

丸亀は風と潮の影響が大きく、予想にはその日の気象情報をしっかりチェックする必要があります。

最大の特徴は潮位変化の大きさ

ボートレース丸亀の最大の特徴と言えるのはその潮位変化の大きさです。丸亀の潮位差は最大で3mにもなり、満潮時と干潮時ではその水面の性質は大きく変化します。

海を利用した競艇場は他にもたくさんありますが、潮位の変化が大きくレースに影響を与えるのは丸亀独自とも言えそうです。

満潮時となれば水面は不安定となりうねりも出てくる事から全速ターンが難しくなり、結果的に「まくり」の決まり手は減りインや差しが幅を効かせる事になります。

一方、干潮時には一転して水面が穏やかになりスピード戦が展開される事になります。満潮時とはまったく逆の傾向になり、「まくり」や「まくり差し」が決まりやすくなります。

風の影響を受けやすい水面

また、丸亀は風の影響を受けやすいボートレース場となります。これは単に立地の関係上、瀬戸内海に面している事から1年を通して無風状態になる事がほぼ無く、常に風があると言っても過言ではありません。

その風向きはほとんどが向かい風、もしくは左からの横風が多く、追い風となるケースはあまり多くはありません

1マーク側には防風ネットが設置されている事からある程度風の影響は抑えられているようですが、2マーク側には防風ネットが無い事から2マークが特に風で荒れやすくなっているようです。

常に風が吹いており無風状態となる事はほぼ無い、と前述しましたが、その数少ない無風状態、かつ満潮に近い時間帯になると後ろから潮に押されてスタートが早くなり、フライングを切ってしまったりスタートがバラバラになってしまう等思わぬ荒れ方をする事もあるようです。

ボートレース丸亀まとめ

各コースからの勝率に関してはこれといった有利も不利もなく平均的と言えるボートレース丸亀ですが、潮位と風の影響によりレースが荒れる事もしばしばとなります。

ボートレースの予想をする上で風の情報は必須といえますが、ボートレース丸亀を予想するためには他の競艇場以上に当日の天候データを参考にする必要がありそうです。

また、各コースからの勝率が全体的に平均的、といえばまるで1コースからの決着が多いように思えますが、5コースや6コースがいきなり勝利する事もたびたびで、万舟券が一日に数度飛び出す事も珍しくありません

以上の事から天候データをしっかり踏まえれば的中重視の慎重派の方も穴党の勝負師の方も楽しめる競艇場と言えるかもしれません。

ボートレース丸亀は香川支部となり、その香川支部のエース格選手は重成一人選手や森高一真選手などとなります。

潮位差の大きい丸亀をホームにしているだけに当然ながら満潮時と干潮時の特徴を熟知しており、しっかりと走り分ける事が可能でしょう。また、香川支部の選手はモーターの調整力に定評のある選手が多く低調機モーターであってもしっかり戦える足に仕上げられるという点はホーム戦でなくてもプラス材料となるでしょう。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ